JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 896
経験:  dasdasd
84237273
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

2015年11月1日に知人女性宅に不法侵入し、強姦未遂の事件を起こしました。当時、その女性と女性の彼氏と面談し、100万

質問者の質問

2015年11月1日に知人女性宅に不法侵入し、強姦未遂の事件を起こしました。当時、その女性と女性の彼氏と面談し、100万円で示談が整理し、示談金を女性名義の口座に振り込みしました。そのとき、示談書は作成しておりません。私が記載した事件の概要を記載した紙と、わび状を渡しております。
その後、2017年5月にその女性の彼氏(当時の彼氏とは別人)より連絡があり、その女性が、2年前の事件のせいで、仕事(ホステス業)が出来なくなり、私のせいでパニック障害になり、現在に至っていると言われ、再度、お金の請求をされております。示談が成立していないので、警察に告訴すると言われました。現在、2,100千円を再度請求されております。この場合、支払する義務があるのか、示談は成立していないのか。今後、どのように対応すればいいのか教えてください。
尚、診断書は私と今の彼氏が面談する前の日の日付で病院に言っております。2年前の事件で、パニック障害を発症したと言われてますが、何か法律的に対応できる方法があれば教えてください。
投稿: 3 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bhsy202 返答済み 3 ヶ月 前.

回答させていただきます。よろしくお願いいたします。

2015年当時,100万円で示談が成立したわけですね。しかし,示談書を作成していなかった,と。

ここで示談書を作成していないのは痛いですね。代わりになるような,示談内容を示すようなものは何もないでしょうか。

例えば,メールのやりとりなどで残っていないでしょうか。

証拠はないということではありますが,示談が成立していたのなら,支払いをする義務は一切ありません。

2年前の事件でパニック障害,といわれていますが,パニック障害の発生の機序,医学的な関係については,

そこまでくわしく診断書には書かれていないのではないでしょうか。

そのため,基本的には解決済みの話題なので,応じる必要はない,ということでいいのだと思います。

ただ,今回の請求に対して,30万円は支払いをされたのでしょうか?

そうなってしまいますと,支払義務があることを認めたではないか,ということになってしまいますので,今後は支払わない,とはいいにくくなってしまいますね。

今後は,210万円もの高額な賠償金を支払わなければならないのか,その点の争いはした方がいいと思いますので,

面倒でも,裁判所の中で調停や訴訟をして,支払義務があるのかについて争っていった方がいいと思いますね。

法律 についての関連する質問