JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4697
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

私は、4年前に離婚しました。離婚時には、財産分与について年金の1/2を分与することとしました。札幌にマンションを所有して

質問者の質問

私は、4年前に離婚しました。離婚時には、財産分与について年金の1/2を分与することとしました。札幌にマンションを所有しています。現在は離婚した元妻と子供1人が居住しています。昨年公務員を定年退職しました。再就職で現在は釧路に居住しています。札幌へ帰るつもりもなく、元妻にマンションを財産分与で贈与したいと考えました。ところが、民法768条2項ただし書きにより2年以内に請求しなければ権利を失うとありました。私の場合は元妻からの請求ではなく、私の一方的な財産分与の申し出によるものですが、この場合でも、2年間という期間は適用されるのでしょうか。
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: 離婚年月日平成25年1月17日協議離婚
投稿: 3 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 ヶ月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。まず、離婚に伴う財産分与の請求権が離婚から2年以内が時効となっていますが、時効は、援用しなければ、成立しません。そう言う意味では、分与する方が申出るのは何ら問題はありません。中には、時効を過ぎるとただの贈与になぅって贈与税がかかるのではとご心配される向きもありますが、それも問題ありません。離婚に伴う財産分与として贈与税はかかりません。いろいろやり取りで心配な場合は、離婚協議書を今からでも公正証書で作成されると良いでしょう。公正証書の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されるとスムーズに作成が進むでしょう。頑張って下さい。

法律 についての関連する質問