JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3543
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

遺産相続の地裁等での遺産の範囲訴訟確定訴訟は、被相続人の遺産を相続人の1人が複数の他人名義で預貯金したり、金融商品にして

質問者の質問

遺産相続の地裁等での遺産の範囲訴訟確定訴訟は、被相続人の遺産を相続人の1人が複数の他人名義で預貯金したり、金融商品にしていた場合や不動産の名義を不当な手段で自己の家族名義にしていた場合、それぞれの遺産で名義が異なり、訴訟相手が異なるのでしょうか?
即ち、各遺産の名義が異なれば、訴訟を起こす時に、被告にその名義の人を加えるとなると相手が10人近い名義で預貯金や金融商品を持っていた場合、それぞれ名義人を被告に加えて別訴訟にしなければならないのでしょうか?それとも各名義人を一括で被告に加えて一括で訴訟提起できるのでしょうか? または、被告は、勝手に相続人以外の名義で預貯金した相続人だけを被告にしたら良いのでしょうか?
預貯金の印鑑等はその相続人の1人が持っています。引き出された場合は、遺産の範囲確定でなく、不法利得や不法行為で訴えることになるのでしょうか? この既に相続人の1人が引き出していた場合も、一括の1つの訴訟で済ますことはかのうでしょうか?
また、遺産が可分債権と不可分債権とで訴え方に違いがあるのでしょうか?
投稿: 3 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  koutouji 返答済み 3 ヶ月 前.

遺産確認は、調停からやるのがいいでしょう。

その後審判。

それから、遺産確認訴訟。

いずれも他の相続人全員が、相手方もしくは被告に

なりますね。

相続人全員でやることになります。

そして遺産を勝手に引き出したような場合は横領ですね。

それも遺産確認の中で処理するのが原則になりますね。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
19968;般の通常論は、過去に調停、審判をしてるのである程度理解してます。遺産の確認訴訟棟も経験してます。
過去に名義を変えられた遺産(預貯金、不動産)は、審判で除外されました。
除外された財産を、今回、遺産確認訴訟等で訴えました。現存しない預貯金は、地裁では遺産と認められましたが、高裁では現存しな預貯金は確認の利益がないとのこと最高裁平成7年3月7日第三法廷判決にて却下となりました。(非訟事件として処理すべき項目)株式や不動産など名義変更されてても現存していれば、遺産と認められました。(それらは、今後、家裁で分割調停、審判しなければなりませんが。)
名義変更(1人の相続人が勝手に相続人以外の名義で独占していた)された遺産は、何処で被告(or相手方)に勝手に名義変更された人も入れるのかどうかを教えてほしいのです。
また、被相続人が異なっても、相続人が同一だったら、一括で裁判できるのか?祖父、父など相続人が一部重複していた場合は、別件になるのか? など冒頭に書いた質問について教えてほしいのです。
勝手に引き出された可分債権(預貯金など)は、不法利得、不法行為等で訴えなければなないのですか?(法理論上可分債権は、相続人に法定相続によって、非相続人にすでに分割されているため)
昨年、最高裁大法廷で可分債権も家裁で分割できると初判断がでましたね。これまでは、実務上判断してた場合のありますが。
ところで、高裁で却下された預貯金、現金等は、家裁の遺産分割調停、審判で非訟事件として一括審理されるのですか?

法律 についての関連する質問