JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4908
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

義父の入院で、保証人を頼まれたのですが、私自身、自己破産しており、無理だといいましたが、保証人ではなく、死後の身元引受人

質問者の質問

義父の入院で、保証人を頼まれたのですが、私自身、自己破産しており、無理だといいましたが、保証人ではなく、死後の身元引受人ということでサインしました、(印鑑は押していません、病院側で捺印しました)、が,保証人になっていました、この場合、保証人は断れないのでしょうか。
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 11 ヶ月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から分かる範囲でご回答致します。まず、サインをしたと言うことは、契約書があると思いますが、どの時点で、保証人に変わっていたと言うことでしょうか?病院側で捺印したと言うのは、勝手に印鑑をご相談者様の断りなしに押印したと言うことでしょうか?それは、有印私文書偽造になります。また、合意をしていない契約書なら、最初から契約は成立していません。今からでも修正等してもらうことです。出来れば、内容証明で、契約の破棄か修正を要請します。内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると、相手に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。応じない場合は、有印私文書偽造で刑事告訴するか民事調停を申し立てると主張します。頑張って下さい。

法律 についての関連する質問