JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4807
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

個人間のお金の貸し借りでのトラブルで、きちんとした書類を作りたいのですが

質問者の質問

個人間のお金の貸し借りでのトラブルで、きちんとした書類を作りたいのですが
どんな書類を用意すればいいのかどうにもわからない状態です。
状況は、今のところ無効は一切お金を返してもらっておらず
返還期限は11月2日でした。
連絡も無しにこれだけ遅れているので、この場合の利子等もできれば取りたいと思っています。
返信よろしくお願いします。
投稿: 10 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 10 ヶ月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。個人間の借金の場合は、業者との借金と異なり、利息が高率であったり時効も長くなります。ただし、民法の場合、口約束でも契約は成立しますが、争う場合や強制執行をしたい場合は、契約書等の書面が無いと難しいと言えます。まず、相手に少しでも返済する気持ちがあれば、公正証書で金銭消費貸借契約書を作成することです。公正証書の場合は、未払いがあれば、すぐに強制執行が可能です。とりあえず、内容証明で返還請求をして、額によっては分割もあるので、金銭消費貸借契約書を公正証書で作成するよう求めます。内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると相手に本気度が伝わり、なめられずに済みます。民法の利息は年5%は、利息を支払うことを決めていれば金利を決めなくとも請求が出来ます。遅延損害金と言うのもあります。また、個人間の利息は、年109.5%までは理論上は可能です。支払いに応じない場合は、民事調停等を申し立てると主張します。頑張って下さい。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
22238;答ありがとうございます。
内容証明は個人で作成したものですが、先に送ってあります。
まだ連絡も回答書も来ていない状況なのですが、今後は直接その人の実家に行こうと思っています。
金銭消費貸借契約書というのも、行政書士の先生や弁護士の先生に作成してもらえるものなのでしょうか??
専門家:  supertonton 返答済み 10 ヶ月 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。内容証明は、やはり個人で送るよりも専門家が送らないとなめてかかってくることが多いようです。法律の専門家入れば、法的な手続きに入ることが予想できるので、相手もまじめに対応すると思われます。金銭消費貸借契約書は、文面も含めて、公正証書で前述の専門家にご依頼すれば作成してもらえます。

法律 についての関連する質問