JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2287
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

4年前に母が亡くなり、遺産としてマンションを相続したんですが、兄と共有名義にできることなどを知らず、どちらかの名義にしな

質問者の質問

4年前に母が亡くなり、遺産としてマンションを相続したんですが、兄と共有名義にできることなどを知らず、どちらかの名義にしなければいけないものだと思い、登記は兄の名義で相続しました。
その時に、口約束ですが、名義は兄のものですが二人のものという固い約束をしました。
兄は2年前に、そのマンションから出て市営住宅で一人暮らしを始め、私はマンションに残り、一人暮らしをすることになりました。
兄は自分名義なのをいいことに、私には知らせず、そのマンションを抵当権を設定し、銀行から1150万という大金を借金しました。
投資に失敗した兄は返すあてもなくなったので、抵当のマンションが銀行に渡り、私は家を追い出されることになるでしょう。
昨日(12月15日)電話で連絡してきて、抵当にかけられてる話などを初めて知ったのです。そして、1月中にマンションから出て行ってほしいと言われました。
マンションの売却価格は、おそらく2000万円ぐらいになると思われ、それの半分を払うとは言っていますが、抵当で借りてる金額が1150万円なので、仮に2000万円だとしたら850万円しか支払えないことになりますので、150万円不足することになります。
また、抵当に入れられてるとは知らなかったので、先月マンションの給湯器を新調し、30万円支払っているのです。
これから何十年も使う予定だったので、知っていたら新調などしません。
その他にも、玄関網戸の改装費など、長い目で使うであろうものの支払いをしています。
これらは、ほとんど新品の状態で、そして家の価格を折半というのは納得がいかないのです。
そもそも兄の借金のせいで、私が追い出されるのも納得いきませんし、名義が共有にできることを知らなかったせいでこんなことになるなんて・・・。
私の権利はやはり口約束で、対抗することはできないんでしょうか?
騙された馬鹿な私も悪いのですが、こんな仕打ちをしてきた兄を絶対に許せません!
ちなみに兄は、抵当にかけて借りている1150万円以外にも350万円ほど色んなところから借りています。
自己破産しようか、などと言っていますが、勝手にしてしまえばいいと思っています。ただしそうなると抵当設定しているマンションをとられてしまいます。
このままでも、どのみちとられてしまいますが、どうしても母から相続したマンションだけは守りたいのです。
もしそれができないのなら、私の取り分はどうなってしまうのでしょうか。
怒りと不安で眠ることができませんでした。
どうか、お助けください。
投稿: 12 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
質問者: 返答済み 12 ヶ月 前.
30331;記上は兄のマンションですが、口約束のマンションの権利はお互いにある、という約束を、兄が認めたところを録音し、証拠として所持または裁判所に提出したら状況は変わりますか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 12 ヶ月 前.

このケースの場合、最初の相続の際に兄の名義にしてしまったことが最大の失敗です。

口約束でマンションの権利があると言っても、登記上の権利者は兄のものなので、第三者はそのマンションが兄のものと判断します。裁判所も同じです。

抵当権の権利者(銀行)が抵当権の実行、つまり強制競売をした場合、売却金額から1150万円は自動的に引かれてしまいます。兄の手元には850万円が残ります。

そのお金をもらうためには、兄と「贈与契約」を交わしその契約を書面にするしかありません。分割払いでもなんでもいいので1000万円を質問者様に払うという契約をすれば、それで払ってもらうことができる可能性はあります。

ただ、兄が自己破産してしまうともう打つ手がありません。マンションも無くなりますし、残りのお金も借金にあてられます。借金がすべてなくなった後に残ったお金を最終的に質問者様がもらうということになるでしょう。

「口約束のマンションの権利はお互いにある、という約束を、兄が認めたところを録音し、証拠として所持または裁判所に提出したら状況は変わりますか?」という質問ですが、これも最初に述べたように状況は変わりません。あくまでも登記が優先します。その登記を見て銀行も担保を設定したのであり、今になって「実は半分の権利はありませんでした」と兄が言ったからといって登記が覆ることはありません。それが通ってしまえば登記制度の存在意義がなくなってしまいます。

非常に状況は厳しいことを理解しなければなりません。できることは兄から毎月少しでもいいので払ってもらう契約をすることです。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 12 ヶ月 前.
回答を閲覧後は返信または評価をお願いします。

法律 についての関連する質問