JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 834
経験:  dasdasd
84237273
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

鈴木と申します。 どうぞよろしくお願いします。

質問者の質問

鈴木と申します。
どうぞよろしくお願いします。
私は41歳会社役員(年収300万円以下)、妻は37歳自宅でエステサロン経営、娘9歳、宮城件在住です。
妻が離婚を望んでいます。
私は2015年7月に精神的な病(適応障害と診断)を主な理由に公務員を辞め、今日までの1年半の間の収入が激減しました。
妻としては、その減った分の収入を補うために全力を尽くさない私を見て、私の仕事に対する意識や行動に、価値観の違いを見いだし、さらに振り返ると、何年も前からその違いを埋められなかったと感じている。
また、素敵な家族という体裁を整えてきたのみで、愛情がなかったこと、が離婚の理由と話しています。
家計について、妻には大変不安を与えました。
それは本当に申し訳ないと思っています。
そして、反省をして現在は足りない分はバイトで補っています。(それでも足りませんが)。
私は、妻の気持ちを理解し、離婚もやむを得ないという思いと、娘のことを考えると3人家族が離れないことが正しいのではないかという思いで悩んでいます。
また、離婚する場合、親権を私が持つことが可能なのか、不可能でも、娘の権利として(私が会いたいからという理由ではなく)自由に会う(回数等の制限なしに)ことができるのかという相談をさせてください。
私なりに考える、法定離婚原因にあたる可能性を下記に記します。
1.お互いの不貞の疑い
これは、互いに決定的証拠はないと考えています。
私は、出会い系サイトで知り合った女性と撮った写真を、数年前に妻に発見されました。
iPodの中にあった写真で、娘に見られると困るということで、妻が削除したようです。
それを保存しているかどうかはわかりません。
その時の妻は、「裏切られたという感覚はなく、気持ち悪いと思った」そうです。
妻は、「大学時代の友人男性(既婚)とこの一年半の間に複数回会っていた、心の拠り所だった」と言っています。
また、深夜に相手のアパート(会社の寮で相手の配偶者は自宅)に行ったとも話していますが、肉体関係はないと答えました。
また、LINEの会話の記録の一部を保存してありますが、特に恋愛的な内容ではありません。
2.悪意の遺棄について
私は、前職を辞めてからの1年半のうち数ヶ月間、働かず家にいることが続きました。
妻に離婚の意思を伝えられてから、現在は、会社とアルバイトで仕事をする意思は見せているつもりです。
家事なども、妻からすれば足りないと思われますが、全くしなかったわけではありません。
子育てについては、普通以上に娘と過ごし、良好な関係を保っていると考えます。
3.婚姻を継続しがたい重大な事由について
性格の不一致はあったと自覚していますが、家族として生活をするなかで、お互い笑顔で会話もしていましたし、娘のために妻の気持ちを理解しようと努力してきました。
妻としては、表に出さず我慢を重ねてきたのだろうと想像していますが、少なくとも娘にとっては、いつも仲の良い両親であったと思っています。
妻とは、娘が生まれてからのほとんどの期間をセックスレスの状態で過ごしました。
最後に性交渉があったのは2年半前ですが、それは、私が求めたからで、積極的なものではなかったと、私は思っています。
DV、言葉の暴力はまったくありません。
法定離婚原因として有力なものは、ないのではないかと、私は考えています。
現時点で、私の方にも妻への愛情は薄れていると感じていますが、娘の健全な成長や、権利を思うと、夫婦が互いに努力し、改善すべきところは改善し、婚姻を継続するべきなのではと思います。
また、離婚が不可避となった場合、協議離婚の道を選択し、夫婦としては修復できなかったとしても、娘の親であることは変わらないと考えるので、別に暮らしても、娘は自由に両親に会うことができるようになればと思います。
思いはひとつだけ、娘の健全な成長と、親と暮らす権利を、大人の都合で奪いたくないというものです。
大変長々と書き記してしまいましたが、どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 9 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
65288;質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次の追加サービスを希望していますが、ご提供いただくことは可能でしょうか?サービス名:電話でのやり取り。 もう少し情報が必要な場合は、どういった情報が必要なのかお知らせください。また別の追加サービスをご提案いただければ、検討します。
質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
just answerのサイトの電話でのやり取り希望ボタンを誤って押しました。
ひとまず、メールでのご回答を希望します。
よろしくお願いいたします。
専門家:  bhsy202 返答済み 9 ヶ月 前.

よろしくお願いいたします。このサイトではbhsy202と名乗っています弁護士です。

さて,詳細に事情をお書きいただきましたが,それを読む限り,ご指摘のとおり,法定の離婚原因について,決定的なものはない,

という印象です。

不貞というのも,双方に決定的証拠はなく,またそういう関係までもなかった,ということでしょうから,これが決定打というのも難しいでしょう。

悪意の遺棄も,今も続いているとなればそうかもしれませんが,今は必死に補いながらやっているわけですから,

悪意の遺棄という状態ではありません。

もちろん,お互いが離婚に合意するとなれば,協議離婚は成立するわけですが,離婚について争っていった場合,判決で離婚が認められるか,

ということになりますと,性格の不一致のような婚姻関係を継続しがたい事由がどの程度あるか,乏しければ離婚は認められない,

そういう可能性があると思います。

もっとも,離婚については,まずは調停をしなければならない,とされており,まずは話し合いの調停をしますが,

ここでお互いに離婚に合意すれば,後は離婚の条件面の話し合いに進んでいきます。

子どもとの面会は,認められるのは間違いなく,あとは程度,回数などですね。

娘さんの希望,年齢などにもよりますが,特に定めをおかない場合は,月に1,2回程度,ということになってしまいかねません。

9歳ですと,お子さんの意見は聞きますが,それが全面的に採用されるという年齢でもないところです。

自由に会うというのは,もしかしたら2回程度かもしれないし,もっと多いかもしれないし,ということであれば,

あえて回数を定めず,面会交流についてはこれを認め,特に回数等の制限は設定しない,そういう合意にすればいいと思います。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
12372;回答ありがとうございます。
法定の離婚原因について、性格の不一致による、婚姻関係を継続しがたい事由がどの程度あるか、が争点になる、という理解をいたしました。婚姻関係の継続をしがたい事由についての「客観的事実があるのか」という観点で言うと、それもまた、やはり乏しいのではと感じています。
同居しており、食事を作り、娘の学校行事にも二人で参加し、お互いに一定程度以上の協力をしている状態ですから、婚姻関係が破綻しているとは言えないと思いますがいかがでしょうか。ただ、妻の決意は固く、愛情は冷めきっているようだと感じてもいます。
一時的な離婚への感情の高まりの可能性もありますが。
離婚回避を含めた妻との話し合いがうまくいかない場合、協議離婚の選択肢もあろうかと思いますが、妻の離婚したいという主張を認め離婚を合意する場合、親権については離婚の合意とは別問題で、調停、裁判に進むという理解でよろしいでしょうか。
その場合、親権を私が持ち、妻には家を出てもらい、自宅のエステサロンは賃貸として妻に貸し、娘との面会に制限は設定しない。
そのような選択肢も考えております。
一般的に母親に親権が認められる確率が高いというデータを目にしましたが、私の場合、私が親権を持つことは可能なのか、ご教示願います。
専門家:  bhsy202 返答済み 9 ヶ月 前.

客観的事実などによるところでは,確かに破綻とまでは認めにくいのではないかと思います。

お互いで離婚に合意しても,親権について合意できないことには,離婚届の提出ができません。

そのため,夫婦関係調整(離婚)調停を申し立てて,そのなかで親権者の決定も話し合っていく,まとまらなければ,裁判となる,という理解でいいと思います。

お子さんが小さい場合は,母親というケースは確かに多いです。母性的役割が必要な時期である,と考えられていることにもよります。

もっとも,妻が浮気をして男性との間に子どもができた,そういった状況では,子どもが小さくても父親に親権となったこともあります。

あとは,親権を取ったとして,今後の監護教育方針と,補助者(協力が見込めるもの)の状況といったところも親権者の決定には必要になります。

このあたりは誰にどう手伝ってもらうか,ある程度の具体的な話を親などと詰めておく必要があります。

質問者: 返答済み 8 ヶ月 前.
bhsy202さまからの、お話を元に、なんとか離婚回避を願い、妻と話し合いましたが、やはり、妻の意思は鉄のように硬いようです。自分の考えとしては、やはり裁判には進みたくありません。
あくまで協議離婚を目指します。
親権と監護権についてなのですが、9歳の娘にとって、日常の世話や、女の子特有の悩みなど、母親と過ごすほうが良いということは、容易に想像できます。
しかし、妻の言い分を全面的に認め、自分が離婚の有責者である、というのは、到底認められません。
そこで、親権は私、監護権は妻、という流れにしたいと思いますが、裁判では客観的な証拠により判断が下されると思いますが、夫婦間で合意であれば、どんな形でも良いのでしょうか。

法律 についての関連する質問