JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2510
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

初めまして、よろしくお願いします。

解決済みの質問:

初めまして、よろしくお願いします。
私の親友から土地を賃貸してソーラーを設置したのですが、その土地に関してある司法書士が時効所得をしているので賃貸や売買は禁止するなどという内容証明を親友の所と、私のソーラー設置会社へ送って来ました。
ですが、その土地と言うのは内容証明を送って来た司法書士が3年前に親友の祖父から相続手続きを終え親友の名義へと法務局へ登記してあるのです。自分が3年前に司法書士として登記した土地を、時効所得していると主張して来ているのですが、どの様に対処すれば良いのでしょうか?
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dueprocess 返答済み 11 ヶ月 前.

ご質問ありがとうございます。

特定行政書士です。

よろしくお願い致します。

まず時効取得をする為には、その土地が他人の所有である事を知っている場合は、所有の意思をもって20年間占有(自身の支配下に置く)する事が必要です。

件の司法書士は仕事として、ご相談者様の親友の所有である事を認識して、相続登記を請け負っている訳です。

ご相談者様の親友に所有権がある事を知っていますから、仮に占有状態であったとしても、20年間の経過はありえないと思われます。

よって時効取得はされておらず、ご相談者様の親友の土地に対する処分に対して、あれこれ言う権利はないと考えます。

あまつさえ自身のクライアントの所有する土地を時効取得したなどとのたまう司法書士の品性を疑います。

当然でたらめですから、ご相談者様側は従う必要はないですが、このような嫌がらせが続くようでしたら、

件の司法書士の事務所の所在地を管轄する法務局長に対し、懲戒請求をする事をお勧め致します。(司法書士法第49条)

いかがでしょうか?

その他ご不明点ございましたら補足致しますので、その旨ご返信ください。

それではよろしくお願い致します。

dueprocessをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
32032;早い対応有難う御座いました。
今の所それ以上の嫌がらせはないので、様子を見てみます。有難う御座いました。
専門家:  dueprocess 返答済み 11 ヶ月 前.

ご丁寧にご返信ありがとうございます。

はい、それがよろしいかと思います。

また何かお困りであれば、お気軽にご相談ください。

改めてありがとうございました。

それでは失礼致します。

法律 についての関連する質問