JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2515
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

私は東京都日野市でペットシッターをして8年になります。

解決済みの質問:

私は東京都日野市でペットシッターをして8年になります。
先日お客様の訪問日を忘れてお世話をできなかったという失態をしてしまいました。
当然お客様はカンカンで、どのように対処して良いか困っております。
最近のことなので、まだ猫ちゃん3匹の様子を見てから病院で検査を受けるとおっしゃっています。
今のところ健康を害しているようすもありません。
その場合の慰謝料の相場はどのくらいになるでしょうか?
頂いた料金の倍を返却しましたが、それもお客様の逆鱗に触れたようで、馬鹿にしてると言われてしまいました。
対処の方法を教えて頂けますでしょうか?
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dueprocess 返答済み 11 ヶ月 前.

ご質問ありがとうございます。

特定行政書士です。

よろしくお願い致します。

大変心を痛めていらっしゃるようですね。

お気持ちはよくわかります。

ご相談の状況から察するにお金の問題ではないように見受けられました。

ご相談者様もご経験が長い事から重々承知の事かとは存じますが、

ペットの飼い主はペットをわが子のように大切にしていらっしゃる方が多いので、

家族の一員であるわが子をぞんざいに扱われたように感じて、

ご相談者様を感情的に許せない。という状態なのではないでしょうか。

このような状況でお金の問題を持ち出してしまうと、さらに状況が悪化してしまいますから、

しばらく様子を見られた方がよろしいかと思います。

既に丁寧に謝罪をされたにも関わらず、状況が改善しないのは感情的になりすぎてご相談者様のなにもかもがが気に入らないという事なのでしょう。

僭越ながら申し上げさせて頂ければ「償いをしたい。」はご相談者様の一方的なお気持ちなので、相手方も押しつけがましく受け入れがたいのではとも思えます。

償いの気持ちがあるのであれば、

「この度は本当に申し訳ございませんでした。過ぎてしまったことはお詫びするよりほかございませんが、今後同じ過ちを繰り返さないように、これこれこのように再発防止策を徹底したいと思います。」

「せめてものお詫びの気持ちですが、私にお手伝いできることがあれば、喜んでご協力したいので、いつでも声を掛けてください。」

とだけ申し上げて、一歩下がって距離を置いてみてはいかがでしょうか。

そして本当に同じ過ちを繰り返さないように日々の行動でそれを証明してみせてみるのが最善かと考えます。

お気になされている「慰謝料」の件ですが、法的には損害が発生しているとまではいえないと考えます。

また相手方もお金を要求しているようには思えませんので、無理してお支払することはないと思います。理由は先般申し上げたとおりです。

いかがでしょうか。

その他ご不明点ございましたら補足致しますので、その旨ご返信ください。

それではよろしくお願い致します。

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
12354;りがとうございました。法的なことは良くわかりました。
先方もしばらく猫ちゃんの同行を観察したいと言っておられますので、私も返事を待ちたいと思います。
私からの倍返しの分は1週間後に取りに行くことになっております。
また病院に行った場合の医療費の支払いの負担の誓約書を書きました。
その時は全額支払いをするつもりでいます。
診断書がないと何もしてくれないのですか?と言われたこともありますので、多分何らかの支払いが
必要になると思います。
今回の倍返しの仕方が気に入らないようなので、今後お詫びとして支払いが生じる可能性があります。
その場合の支払いをどのくらい支払ったらよいか教えて下さい。
専門家:  dueprocess 返答済み 11 ヶ月 前.

ご返信ありがとうございます。

状況理解致しました。

法的な損害賠償の義務はないことは先般申し上げた通りです。

検診に係る費用は道義的な責任としてお支払することは構わないと思います。

倍返し返還の分も、医療費の足しにお使いください。というように「お見舞金」として受け取って頂くのではいかがでしょうか。

ただ、誓約書の内容はわかり兼ねるのですが、延々と支払いが続く事態は避けなければなりません。

例えば、元々り患していた疾病があるのに、今回の件と無理矢理結び付けて支払いを求めてくることもなくはないのかなと思います。

今回の件に因果関係がない損害に対して、支払う義務はありませんから、それはある意味、ゆすりたかり行為です。

いずれにしても今後もめるようであれば、第三者を入れた話合いが必要になるのではないかと思います。

その場合は裁判所での民事調停や行政書士ADRセンター東京(ペットトラブルに特化した話合いに対応)での調停のご利用をお勧め致します。

いかがでしょうか。

それではよろしくお願い致します。

dueprocessをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
12354;りがとうございました。
大変参考になりました。
しばらくは先方の同行を見守りたいと思います。
先方の出方次第では行政書士ADRセンター東京に相談してみます。

法律 についての関連する質問