JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4769
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

通信の秘密の侵害に関して教えてください。 個人宛電子メールが複数人の間で閲覧されました。

解決済みの質問:

通信の秘密の侵害に関して教えてください。
個人宛電子メールが複数人の間で閲覧されました。
これに伴う損害の請求範囲を知りたい。
損害は、心理的なものに伴い金品に及びます。
損害賠償請求先の住所と電話番号を把握してます。
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 11 ヶ月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。まず、通信の秘密の侵害とした場合は、民間の話と言うよりも、国家や自治体による侵害を指します。基本的に、知人が閲覧したとかであれば、プライバシー侵害の問題となります。その中でも、その内容をもって、不特定多数に対して事実を指摘して、ご相談者様を誹謗中傷して、社会的信用を棄損した場合は、名誉棄損罪となります。親告罪ですが刑事告訴も可能です。もちろん、民事の名誉毀損の不法行為における損害賠償請求も可能です。プライバシー侵害も本来は、経済的な損失に対する損害賠償請求となります。仮に、精神的な苦痛と言うことであれば、心療内科に通う程度の状況があらば傷害罪となります。いずれにしても、内容証明で請求されると良いでしょう。その場合、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると相手に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。応じない場合は、民事調停を申し立てると主張されると良いでしょう。頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問