JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4636
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

不動産について、合意しないので なかなか離婚が成立しません。

解決済みの質問:

不動産について、合意しないので
なかなか離婚が成立しません。
夫は、自宅での仕事があるため、そのまま維持したい。私は住まないので売却したい。
連帯債務なので、それを外す事が出来れば、夫が支払いを続け維持すればいいと思いますが。
おそらく、2人で借り入れたのでひとりでとなると審査に通らない通らない思います。仮に、売却せず夫がひとりで支払い、仕事を続けることで、私にマージンを支払い、万一仕事が立ち行かなくなったさいは、売却してその負債はすべて夫ひとりで持つという念書を作ってもらうなど、取り決めをしたとして法律的に通りますか?また、その際に書面はどのように作成すればよろしいですか?
投稿: 9 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 9 ヶ月 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。離婚理由がご不明ですが、仮にご主人様の不貞行為等であれば、慰謝料と言うことで、不動産に関する財産分与は有利に進められるかもしれません。離婚する場合は、離婚協議書を公正証書で作成すればトラブルの防止が可能です。今回の不動産のことも公正証書で作成は可能です。また、最近は、連帯債務者であっても、リスケジュールが可能な場合もありますので、まずは、金融機関にご相談された方が良いでしょう。sれと注意しないといけないのは、ローン完遂前に任意売却する場合は、ブラックリストに載る可能性がありますのでご注意ください。もめる場合は、家庭裁判所の財産分与の調停を申し立てると良いでしょう。家庭裁判所の調停は費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼される必要もございません。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
38626;婚理由は、夫よ不貞行為です。ですがまだ提出していません…まだお互いに躊躇しているところがあります。ですが、私の収入や借り入れを頼りにして自分の店を持った夫に対して許せない気持ちでいっぱいです。私は精神的に仕事にも影響したため、昇進は望めなくなり、得られるはずだった収入の損害は大きいと思います。また、そんな時期にも私に対する罵倒は止むことなく続いていたので、DVに当たる慰謝料をもらってもいいくらいです。その額の相場はどのくらいでしょうか。期間は1年間程度、腐れ女、ヘドがでる、馬鹿、考え方が違うから別々で。などなど。不貞に対する慰謝料は女性へ全額請求することにしています。離婚しない場合に
店の売り上げの一部を譲ってもらう取り決めはどうしたらいいでしょうか。また、売却の時には私に損失がかからないようにすることは可能でしょうか。公正証書は離婚のときですよね。
専門家:  supertonton 返答済み 9 ヶ月 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。自営業の場合、個人事業主の場合は、売り上げに関して共有財産となります。法人でも、個人事業主と変わらないような形式ならそう言う扱いですが、法人の場合は、会社の財産となることもあります。売り上げの一部をもらうのも民事でしあら、双方が合意すれば可能です。モラハラの慰謝料は、それほど高くなく、50万円から200万円が相場です。離婚しなくても、一度破綻した夫婦関係を修復して継続して行く場合、「夫婦関係調整の公正証書」と言う契約書が作成可能です。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
12381;の公正証書はどこでどのように手続きしたらいいのでしょうか。
専門家:  supertonton 返答済み 9 ヶ月 前.

公正証書の作成は、どこの公証役場でも可能です。一般的には、公証人は、元裁判官や検事の方が多いので、法律的な内容は難しいので、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼した方が、スムーズに作成できるでしょう。本来は、作成日には、当事者が行って署名捺印しますが、公証役場は、平日の営業なので、仕事等で忙しい場合は、代理人での作成も可能です。2人とも代理人でも構いません。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問