JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

こんにちは。美容師です。退職時に誓約書を書かされたのですが、どこまで効力があり、期限はいつまでとかはあるのでしょうか?

解決済みの質問:

こんにちは。美容師です。退職時に誓約書を書かされたのですが、どこまで効力があり、期限はいつまでとかはあるのでしょうか?
内容は
1.以前勤めてたスタッフとの関わりを持たない事。(引き抜き防止や、情報が流れない様にだと思います)
2.お客様とは連絡交換をしない事。(SNSなども)辞める事、次の場所の告知をしない。
3.フリーペーパーに載せる際顔写真を載せない。
(勧誘行為になるからと)
守られなかった場合、弁護士と相談の上法的対応をとることもあると書いてありました。
厳密に何が法に触れるのか、触れてなかったとしても誓約書違反となり何か処罰があるのか?よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.

1.競業避止義務は2~3年の期限付きでなと労働者の足止め策として違法になります。

2~3は、自由の過度の規制として強要罪(義務なきことを行わしめる)に当たります。

>守られなかった場合、弁護士と相談の上法的対応をとることもある

→これも脅迫罪に該当します。

kionawakaをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問