JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4807
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

暴行事件について

解決済みの質問:

暴行事件について
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
質問者: 返答済み 1 年 前.
21152;害者の友人です。事件の表示としまして7月11日の夜スナックにおいて相手の人に手拳による殴打や膝蹴りなどといった暴行を加え、もって全治1ヵ月半の鼻骨骨折等の障害を負わせた。となっています。相手は弁護士をつけ示談の申し入れをしてきているのですが費用はどのくらいになるのでしょうか?示談に応じなかった場合はどうなるのでしょうか?明日相手の弁護士に回答しなければなりません!申し訳ありませんが即回答をお願い致します。
質問者: 返答済み 1 年 前.
65288;質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次の追加サービスを希望していますが、ご提供いただくことは可能でしょうか?サービス名:電話でのやり取り。 もう少し情報が必要な場合は、どういった情報が必要なのかお知らせください。また別の追加サービスをご提案いただければ、検討します。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変ご友人様のことでお悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。まず、傷害罪と言うことで、警察に被害届や刑事告訴をされた場合、不起訴処分となるためには、被害者との示談が必要になります。そのため、先方としても、刑事告訴して、ご友人様が処罰を受けても、何ら補償はないので、示談をした方が得と言えます。それはご友人様も同じで、刑事事件となれば、民事と異なり、会社からの懲戒解雇もあり得ます。慰謝料的には、治療費や休業補償は当然として、後遺障害が残る場合は、交通事故の慰謝料の算定に準じることが多いようです。傷害罪は、15年以下の懲役と罰則も重いですし、罰金も50万円以下ですから、50万円~100万円はあり得ます。示談に応じなければ、とりあえず、刑事告訴をされる可能性があります。そうなれば、ご友人様も譲歩するだろうと言うことです。傷害罪で、起訴されれば、会社は解雇、執行猶予であっても再就職は難しいと言えます。ご友人様の親御様に頼んででも示談金は用意すべきかもしれません。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございました。分かりやすかったです。

法律 についての関連する質問