JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4907
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

数年前に、私のPCが荒らされて、友人、会社関係、業者などを含むメールリストが盗まれました。このリストを使って、私の中傷記

解決済みの質問:

数年前に、私のPCが荒らされて、友人、会社関係、業者などを含むメールリストが盗まれました。このリストを使って、私の中傷記事を配信して今回は5回目となりました。原宿署には届けていますが、毎回アカウント名を変えたgmail発信のため、米国本社に捜査権を依頼できないということで、何の手立てもなく繰り返されています。私は、ワインのネット販売を手掛けていますが、仕事への支障、友人からの不信感で我慢できない日々を過ごしています。
犯人はほぼわかっていますが、警察としては証拠の裏付けができないということです。
gmail社に対しても、私から違反メールとして報告していますが、何の反応もありません。
どうしたらよいか途方に暮れております。  内田信夫
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTPNでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。まず、刑事告訴をする場合は、今回のような窃盗罪や詐欺罪や名誉棄損罪やなりすましに対しては、刑事罰も受ける可能性があるので、十分な証拠が必要となります。ただし、ある程度、犯人の目星がついていると言うことであれば、民事での対応も考えられても良いでしょう。民事の不法行為による慰謝料請求をされてみても良いでしょう。内容証明でされると良いでしょう。内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると相手に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。応じない場合は、民事調停を申し立てると主張します。話し合いの場が儲けられれば、相手も譲歩や謝罪をしてくる可能性はございます。頑張って下さい。

質問者: 返答済み 1 年 前.
29359;人の目星だけでは警察は一切動いてくれません。あくまでも、証拠の裏付けが必要と警察からは言われております。
gmailの発信者はだれかということを証明できれなければ、お返事の内容に入っていけない状況をご理解ください。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。申し訳ありません。もう少し分かりやすく伝えれば良かったですね。刑事事件では、人権侵害の問題があるので、十分な証拠が必要なので、そのため、民事事件として対応されたらどうかと言うことです。刑事事件は、名誉棄損罪など刑事告訴しないといけません。民事は、直接相手とやり合うのです。そのため目星がついているのであればと言いました。慰謝料を請求するだけですから、間違っていれば謝罪をすれば良いし、相手が、逆に名誉棄損罪で訴えて来るなら、民事調停等で争うで良いでしょう。民事事件として動くと言うことです。それと、相手を特定するための訴訟も手間とお金がかかりますが、あるので、弁護士の先生にご依頼されてみても良いでしょう。

質問者: 返答済み 1 年 前.
22238;りくどいようでポイントがぼけてすみません。gmail社に新しくメールアカウントを登録するときに、約定があれば、そこに犯罪に使われることを禁じている可能性があるのではないかと思っています。今回のように犯罪として何度も繰り返されていることを、私から同社にメールで報告しましたが、無しのつぶてです。アカウントを新規登録する際、携帯の電話番号を記入しますが、ドコモであれば、そのまま国内で警察からの捜査依頼で判明できるのではないかと思っています。このようなケースはご経験がないと難しいと思います。私と同じような相談があったらいいなと期待しましたし、またこのようなことで困っている方も多いのではないかと思っていました。どうもありがとうございました。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

まず、犯罪があったとしても、gmail社に責任を負わせることは、海外と言うことではなく難しいと言うことです。包丁で殺人が起きたから、包丁を製造した業者が悪いと言えないと同じことです。あくまでも犯罪を犯した犯人の問題です。また、gmail社も、日本支社ぐらいはあるでしょうから、あくまで争うなら、犯人の訴訟をしてIPアドレスを公開してもらい、IPアドレスからプロバイダーがわかるので、プロバイダーに個人情報を開示する訴訟を起こします。仮に、犯罪性があると思えば、警察は動きます。個人で動いても無視されるので、弁護士の先生にご依頼されても良いでしょう。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;回答をありがとうございました。ここで最後の質問ですが、gmail社が応じてくれるかの可能性、そしてこのようなケースに長けた弁護士先生がいらっしゃるかどうかということです。よろしくお願いします。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

仮に、gmail社の海外の本社が相手なら、絶望的でしょう。日本支社があれば、訴訟等での対応はあり得るかもしれません。刑事事件と言うよりもITに強い弁護士の先生になるでしょう。ただ、やはり、お金にならない仕事はしないので、目星のついている犯人に対して慰謝料請求等のアクションを起こした方が良いでしょう。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
27665;事で慰謝料請求といっても相手がそれに応じられるような資産はないと思います。
今後も同じケースが続くことを考えると悩みは尽きません。おかげさまで問題の整理ができましたことに感謝します。
ご相談はこれにて終了とさせていただきます。ご丁寧な回答をありがとうございました。

法律 についての関連する質問