JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
70981215
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

男女問題と労働問題の入り混ざった様な内容で女性に訴えられそうです。私は、企業内にある社食を運営す

質問者の質問

初めまして。
男女問題と労働問題の入り混ざった様な内容で女性に訴えられそうです。
私は、企業内にある社食を運営する会社のマネージャーをしております。
そこで、1人の女性部下と昨年4ヶ月程いわゆる男女の中になりました。
ただ、その間に彼女の仕事上での私への態度等から私が幾度か注意する様になり、それが面白く無かったのか、私たちはプライベートでは疎遠になりました。
年がこしても、私への態度は改善されず何度か話し合いの場を持ったのですが上手くいかず、今年3月に私が耐えきれず彼女に説教する際に壁をたたくなど激しい行動をとってしまい、それを録音されてしまいました。彼女はそれをもとに私の上司、会社のコンプライアンスに投げかけましたが、明確な回答をえられず、半年後の8月にこんな企業では働けない、退職し会社を訴えるといい、退職しました。
彼女は、私たちのクライアントの主要人物と仲が良く、この私の行動を大げさにつたえ、現在クライアントから、私たちの会社にマネージャーを交代する様要求が来ているそうです。(おそらく私は自主退職せざる終えない状態です)
また、彼女からも会社へ要求があり、私が居なければあと数年間は働いていたであろうと見込給料の請求、精神的な苦痛を受けた慰謝料の要求があったそうです。(おそらく彼女は弁護士に相談済み)
彼女の言い分の仲に私が男女関係があったと嘘をついたというのも含まれているそうです。
男女関係があった証拠としては、LINE等の履歴は消えてしまいました。証拠になるかわかりませんが、1人の男性スタッフの証言、私が彼女の家の間取りなどを知っている事、彼女のためにネットで商品を購入しそこに彼女の名前、私のクレジットの履歴がのこっているくらいです。
今のこの状況を打開する手段はなにかありますでしょうか?
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  srlee 返答済み 11 ヶ月 前.

ご質問ありがとうございます。

社会保険労務士、ハラスメント防止コンサルタントの srlee と申します。

女性部下とつきあっていたが、疎遠になった後に、その女性が、会社にパワハラやセクハラの訴えをして、それが認められなかったので、退職したのですね。

その後、クライアントにそのことをおおげさに伝えたため、クライアントからは、マネージャーを交代する要求が来ていて、ご質問者様は自主退職せざるを得ない状況となっている。

また、女性自身も、会社に対して損害賠償を要求している。

その女性は「男女関係があったとウソをついている」と言っているが、実際にはウソではなく男女関係があったので、それを根拠に自体を打開できないか、というご相談ですね。

ご心痛、お察し申し上げます。

まず、男女の仲があったということについては、相手の女性の主張も、ご質問者様の主張も、はっきりした証拠がないという点では、それほど変わりがないかと思われます。

当然ながら、ウソをついていれば、話の信頼性を疑われますので、証拠があろうとなかろうと、真実を主張する必要があります。

しかし、男女の関係があったことが認められたとしても、相手の要求が通る可能性もあります。

相手と疎遠になったという私情をもとに、暴力的な態度で相手を叱りつけた、となれば、ハラスメントには違いないからです。

一方、ハラスメント行為による懲戒は、就業規則などに根拠があり、ご質問者様から十分に弁明を聞き、手順を踏んで行うべきものです。

クライアントから要求があっても、それだけを理由に従業員を解雇することはできません。

録音データにしても、そこに至るまでの事情などは、きちんと調べてから処分を決めるべきものです。

自主退職をしてしまえば、それで終わりです。

解雇と言われない以上、退職する意思がないということで、突っぱねて下さい。

多少身に覚えが合っても、行為に対して処分が重すぎる、または、ご自分の意志に関わらず、退職を強要されているという点で、会社と争う余地があります。

自主退職を強要されるなど、ご質問者様への懲戒処分や、会社の態度が不当な場合は、労働基準監督署を通して、労働局のあっせんを申し込むという方法があります。

http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/roudou-soudan/3.html

また、労働審判という方法もあります。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/

回答は以上となります。

不明な点がありましたら、返信して下さい。補足して回答します。

この回答に参考になる点がありましたら、評価をお願いいたします。

ありがとうございました。

専門家:  srlee 返答済み 11 ヶ月 前.

回答をご覧になりましたら、返信、または評価をお願いいたします。

法律 についての関連する質問