JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4764
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

私は以前、父とは違う職業(自動車関連業)を経営しておりました。会社の事務所、作業所が必要だったため、父が連帯保証人になり

質問者の質問

私は以前、父とは違う職業(自動車関連業)を経営しておりました。会社の事務所、作業所が必要だったため、父が連帯保証人になりK会社と賃貸契約を交わし、個人名義で土地、建物をK会社から借りていました。契約から4年後、私の会社は父の経営する会社(機械部品製造関連)の子会社になることになり、K会社との賃貸借契約書の更新時には連帯保証人を父の会社の名義に変更しています。その後、諸事情があり私は会社を退職しました。しかし、私には知らされずに契約は私の名義で継続しており、いつからなのか正確な日にちは解りませんが父は知人と共同使用していたのか、いつの間にか知人に転貸していました。この件については再び会社に復帰後知りました。会社が賃貸料は滞ることなくK会社に現在も支払っており特にトラブルはありません(賃貸料は毎月父の知人からいただきK会社に会社名義で支払っております。)が父は3年前に死去しており詳細は不明です。父の知人が現在も転貸していますが、私はもうこの件について関わりたくないので契約を解除したいと思っており何度か話し合いをしましたが転貸している場所には機械設備をしてしまっているらしく父の知人は脅しともとれるような態度でこちらに非があると言って出て行く意思は無いようです。父と父の知人の間には口頭での契約らしく契約書は取り交わしてはいないようです。勿論ですがK会社には一切知らせておりません。トラブルを避けてどのように契約を解除すれば良いのかわかりません。
また、以前、契約した賃貸借契約証書の中に(契約解除)項目があり、乙が事由如何に関わらず賃貸権を他人に譲渡し、あるいは賃貸物件の全部、または一部を第三者に転貸(同居・共同使用・その他これに準ずる一切の行為を含む)をしたときと記載があります。
良いアドバイスをお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sanaek-mod 返答済み 1 年 前.
こんにちは。カテゴリモデレータの小林と申します。
お客様がご投稿になられた質問に回答できる専門家をお捜ししておりますが、回答ができる専門家を見つけるには、残念ながらもう少し時間がかかりそうです。引き続きお探しいたしますが、もうすでにご投稿の質問への回答を見つけられた場合はご連絡ください。回答が投稿されない場合の対処法などヘルプページでご案内しておりますのでご参照ください。
質問に回答が投稿されなかった場合はどうすればいいですか。
http://ww2.justanswer.jp/ja/help/what-if-no-one-answers-my-question-hl
質問の取り消し方法について
http://ww2.justanswer.jp/ja/help/how-can-i-cancel-my-question-0
サイトの仕組みについて
http://ww2.justanswer.jp/ja/how-justanswer-works
質問者: 返答済み 1 年 前.
20170;日中に回答はいただけないでしょうか。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。基本的に、転貸借契約は違法と言うことではなく、賃貸借契約違反と言うことで、解除事由となります。ただし、それは、ご相談者様とK会社との話であり、やはりK会社に知らせることなく事が解決するとは思えません。また、又貸しの場合の問題は、いくらかは分かりませんが賃料収入があったことになりますから、額によっては、税務申告をしないと税法違反になります。よってK会社に事情を説明して、ご相談者様との契約を解除してもらい、引き続き、新しい契約を知人としてもらうことです。関わりたくないと言うことであればそれしか方法は無いと思われます。

法律 についての関連する質問