JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2258
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

お世話になります。マンションを売却しました。決済が完了したので、管理会社から届く書類と物件のカギを仲介業者の「そのまま着

解決済みの質問:

お世話になります。マンションを売却しました。決済が完了したので、管理会社から届く書類と物件のカギを仲介業者の「そのまま着払い郵便で送れ」との指示で、内心書留の方が良くないかとは思いましたが指示どおり「着払い」と封筒に明示してポストに投函しました。その後
約2ヶ月経って、仲介業者から「鍵が届かない、紛失の責任はあなたにある、鍵を交換する費用を出せ」と言いがかりをつけられています。この場合法的に過失が問われるのでしょうか?
「そのまま着払いで・・」の指示メールは残してあります。ご回答よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.

鍵の引き渡しは、不動産の売買の中でも非常に重要な要素です。それを郵便で送れと指示した不動産業者の過失は相当に大きいものとなります。質問者様は指示された通りに郵便で送ったのであり、過失は不動産業者の方が大きいと言えるでしょう。不動産を扱うプロとして失格です。

その不動産業者には「鍵を送れといったのはあなたの方だし、そもそもそんなに重要なものを郵便で送れというのはどういうことなのか。宅地建物取引主任士を監督する京都府庁に相談する」と主張しましょう。証拠となるメールも保存しておきましょう。

鍵を交換する費用は払わないでください。過失は相手の方が大きいです。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;回答ありがとうございました。
不安な気持ちを一掃させていただく心強い内容で安心いたしました。
専門家の先生のアドバイスに大変満足し、心より感謝申し上げます。
今回、この法律相談サイトにはじめてお世話になりましたが、安価で迅速なご回答をいただくことができ、とても助かりました。
これからも何かありましたらお世話になりたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

法律 についての関連する質問