JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4914
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

前夫が住宅ローンを支払わず連帯保証人であった私に突然競売の通知が来て、借金をしてそれを支払いました。当時の司法書士さんが

解決済みの質問:

前夫が住宅ローンを支払わず連帯保証人であった私に突然競売の通知が来て、借金をしてそれを支払いました。当時の司法書士さんが求償権の請求ができると言われたのですが、支払って相談に行ったところできないといわれました。(3年前)
離婚に際しても、慰謝料・養育費も何もくれず、(私に知識がなかったので請求を考えなかった)挙句の果てに借金の支払い。何とも合点がいかず求償権を行使できないかとおもっております。請求できますでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。まず、不動産のローンに関しては、連帯保証人が主たる債務者に代わって弁済をした場合は、求償権に基づいて、請求が可能です。求償権の時効は10年です。次に、離婚に際しての慰謝料の請求の時効は、3年です。また、財産分与の請求の時効は2年になりますので、3年経過していると出来ません。ただし、相手が、合意して支払うのは、時効が過ぎても自由です。それと養育費には、時効がありませんので、これからでも内容証明で請求されても良いでしょう。相手が応じれば、養育費の支払いの公正証書を作成すると安全です。未払いの時に、強制執行が可能です。内容証明と公正証書の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると、スムーズに進むでしょう。頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問