JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4636
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

父の死後、残された義母のことで相談いたします。

解決済みの質問:

父の死後、残された義母のことで相談いたします。
1.無知のため、家族の関係を続けておりますが、私は義母と養子縁組をしていません。
2.そのためか、義母は自分の実家の甥を後見人に指名しました。しかし、仕事が多忙との
理由で、彼は後見人を辞めて、市の紹介した弁護士が後見人となって、現在に至っており  ます。義母との関係は希薄で、義母を見舞う等の親密な関係はないようです。
3.その後、義母は痴呆となり、介護施設で生活しております。毎月施設を訪問しておりま   すが、健康状態は悪化しております。
4.質問:
(1)義母の今後、葬式の形式、規模をあらかじめ決めておきたいと思いますが、後見人   である弁護士の了承を予め取っておく必要がありますか?
(2)痴呆のため、本人の意志を確認できない状態ですが、家族として死後のことなどを
出来るだけ家族として処理してあげたいと思います。後見人への費用の問題もあ    り、後見人を弁護士から私に代わることはできますか?
(3)後見人から私達に、義母の財産の現状など一切報告はありません。最近の後見人の
財産詐取の事件の多さに鑑み、後見人である弁護士を管理する方法はありますか?
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 11 ヶ月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが、分かる範囲で、順番にご回答致します。(1)後見人は、義母様の財産の管理をすべて任されているので、義母様の財産から、葬儀費用等を出す場合、例えば生前予約などは、その後見人弁護士の先生との話し合いは必要です。また、それらは、家庭裁判所の許可が必要になります。ただし、義母様が亡くなった後は、相続の問題で、相続人が、財産からどうしようと後見人弁護士の関わりはできません。死後のことは、死後事務委任でもされて無いと、後見人は関われないのです。(2)家庭裁判所が決めた後見人を変えることはその弁護士の先生が、義母様の財産を横領するなど、後見業務を怠慢する等ないと難しいと言えます。複数後見人は、可能なので、家庭裁判所に申し立ててみても良いでしょう。(3)後見人に後見監督人を付けることは出来ますが、監督人のお金もかかります。とは言え、それも弁護士の先生などで、対して効果があるとも言えません。また、相続人等に対しては、厳密には、報告義務は特にありません。また、義母様と言うことで、養子縁組をしていないのは弱かったかもしれません。甥の方に動いてもらって、複数後見人に申立ててもらうと良いでしょう。家庭裁判所とも家族としてご相談されてみて下さい。

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
12372;回答、ありがとうございました。”ご不明の部分も部分もございますが、、、、”とコメント頂いておりますが、その部分を教えていただきたいのですが、
よろしくお願いいたします。
専門家:  supertonton 返答済み 11 ヶ月 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。現在、義母様とは別居している形でしょうが、それまでは、同居などしていたのでしょうか?他に、義母様やご相談者様のお父様に関わるお子様はいらっしゃらないのでしょうか?基本的に、相続人には、ならないので、義理の親子と言えども、葬祭に関わらなくても問題はないのですが、甥様の方で、何とかしてくれるのでしょうか。甥様のそこの意識が不明です。甥様との相談がポイントかもしれません。

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
32681;母と同居したことはありません。また、父と義母との間には子供はいません。
葬儀に関しては、以前に義母の姉が、実家の墓に埋葬を考えているというので、父と結婚した義母は私共(私と実姉二人)の方で、父と同じ教会で行い、墓も父と同じ墓に埋葬してあげたい、と申し出ております。しかしその後義母の姉からも、甥からの確たる返事はもらっておりません。
専門家:  supertonton 返答済み 11 ヶ月 前.

追加のお話からも、義母様の実の兄弟関係と、ご相談者様も含めた、義理の兄弟様の間で、相続後ももめそうな感じです。今のうちに、話し合いを相手側ともつ必要があると思いますが、もめる場合は、家庭裁判所の調停を利用すると言うのもあります。今から、葬祭についての取り決めをして祭祀承継者が誰か決めておく必要はあるかもしれません。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
12354;りがとうございました。アドバイスに沿い、進めてみます。

法律 についての関連する質問