JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4626
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

ドローンに関する法規制について教えて下さい。

質問者の質問

ドローンに関する法規制について教えて下さい。
djiの開示しているマップ情報からドローン飛行禁止エリア外の場所であることは確認したのですが、
150m以下で、人との距離が確保できていれば
許可申請や許可証などなく空撮してもよいのでしょうか?
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 11 ヶ月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それはいろいろお悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。まず、国土交通大臣の「許可」を得ないといけない場所は、(1)空港の周辺の上空の空域(2)150m以上の高さの空域(3)人口の集中地区の上空、になります。これらは、国土交通省のサイトから確認が出来ると思います。それ以外の場所であれば、次のルールを守ることで飛行が可能です。①日中に飛行させること②目視範囲内で常時監視できること③人や物権に対して30m以上距離を保つこと④祭礼や縁日などの人が集まる場所でないこと⑤爆発物などの危険物を運ばないこと⑥物を落下させないこと、です。このルール以外の方法で飛ばす場合は、許可が不要な場所でも国土交通大臣の「承認」を受ける必要があります。つまり150m以下でもルールの①から⑥以外の方法で飛ばす場合は、承認を受けないと飛ばせません。それと単に飛行させて空撮する場合でも、肖像権の問題や盗撮の問題もありますので、ある程度、目的を明確化しておいた方が、巡回の警察官が来た時に怪しまれないでしょう。許可や証人は、行政書士の先生にご依頼されると良いでしょう。

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
26089;速のご回答ありがとうございます。
以下2点について教えて下さい。>祭礼や縁日などの人が集まる場所でないこと
会社のイベントで集合写真を空撮したいと考えています。
具体的な人数の定義や制約が詳細に決まっているなら教えて下さい。>肖像権の問題や盗撮の問題もありますので、目的を明確化しておいた方が、巡回の警察官が来た時に怪しまれないでしょう。
「目的を明確に」とは具体的に何をすることを指すのでしょうか?
職質を受けた際の回答レベルでしょうか?行政書士の方と相談して取得した「許可証」のことでしょうか?
専門家:  supertonton 返答済み 11 ヶ月 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。基本的に、お祭りの場所などは、承認が必要でしょう。また、人身事故などが起こらないことが目的なので、集合写真の空撮は、確認が必要かもしれません。人数が何人とは言えませんが、極端な話、一人でも危険であれば問題と言えます。一度、国土交通省に電話でご確認されても良いかもしれません。警察に関しては、許可や承認を受けていれば、申請書の控えなどが出せますが、何ら、そのようなものが無い場合は、撮影計画書的なものは会社や個人的に作成しておいた方が良いでしょう。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問