JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4920
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

浮気をした言う事で何をするにも疑われ嫌気がしています。 浮気を認めて離婚するにわ慰謝料など何が必要ですか

質問者の質問

浮気をした言う事で何をするにも疑われ嫌気がしています。
浮気を認めて離婚するにわ慰謝料など何が必要ですか
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。浮気(不貞行為)が有った場合、浮気をされた配偶者は、離婚の要請も出来ますし、慰謝料の請求を浮気相手とご相談者様に出来ます。ただし、慰謝料の請求は、3年の時効があります。仮に、浮気に関して、すべてが解決したと言うことであれば、それを法的には宥恕(ゆうじょ)と言って、今後、蒸し返せない問題となります。今回、浮気をしたことで既に決着がついているのに、いつまでもうじうじ言われるとモラハラの可能性もあります。モラハラだけでは裁判上の離婚理由とは言えませんが、そのことで精神的なダメージを受けて心療内科等に通うようであれば、傷害罪として、離婚理由となってきます。慰謝料も請求が可能です。まず、浮気が解決した問題なのかどうかです。それと、慰謝料を請求するしないは自由で、協議離婚なら条件は何でもありと言えます。その場合、離婚協議書を公正証書で作成しておけば離婚後のトラブル防止が出来ます。

質問者: 返答済み 1 年 前.
28014;気をしている状態での離婚では、慰謝料等どうなりますか
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。浮気を継続しているとなると、有責配偶者と言うことで、有責配偶者からの離婚要請は原則出来ません。ただし例外はあります。長期の別居実績などです。その場合は、相手の配偶者に対して相応の生活の保障などが必要になり、慰謝料等は高額になります。マンション等の不動産がある場合は、不動産を相手に譲渡するなど、かなり負担が大きくなります。ただし、配偶者との夫婦関係が破綻している状態での浮気では、慰謝料が請求できない場合もあります。ケースバイケースです。お近くの民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されても良いでしょう。

法律 についての関連する質問