JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4801
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

Gmail.com です。 こんにちわ。 質問を再会させていただきます。 以前 居候のバムの名前で

質問者の質問

gmail.com です。
こんにちわ。
質問を再会させていただきます。
以前 居候のバムの名前で 遺言登録を申し立ていることは 書きましたよね。
登録予定日は 9月5日になっています。
バムの名前で 登録してしまった場合 その遺言書を 後に キャンセルする場合は
どのような手続きが必要になりますか。
これが質問1です。
不動産の名義を変えるとなると 相続人は 未亡人である妻、つまり さくらに
取っては母親になりますが その場合 遺言書(正式なものではなく 手帳に記載
されたものではないかと思われます。)は どのような意味合いをもつのでしょうか。
これが質問2です。
娘さくらの心配は 母親名義に変えてしまったあと この居候のバムが その母親を
公証人役場に連れて行き 不動産は全て このバムに譲るということを 公式に
書かせる様なことになる可能性が大きいというところにあります。
この男の頭のなかには いかに 不動産を乗っ取るかしかないのは はっきりして
いますので さくらとしては打つ手を考え 作戦をたてておかなければなりません。
バムがうまい具合に 母の名義に変えた後 母を騙して 自分の名義にしてしまうと
この母親は 老人ホームに送り込まれることになる可能性があるのです。
母親は 痴呆症が出ているわけではありませんが 肉体的には かなりの衰えがあり
最近では このバムのことを信用しはじめていますので バムに取っては 簡単に
騙して 実印をつかせてしまう可能性があります。
最後の質問です。
実印を勝手につくるのは 法的には禁止されているとは思われますが もし勝手に
バムが 実印のニセモノをつくり 登録した場合は どうなりますか。
これが質問4です。
おてもとに 実例があれば 具体的に教えていただけると よりわかりやすいと
思います。
正直いいまして このバムの無礼さ 失礼さ 常識のなさに 気分を害しているのは
とっくに通り越していまして こうなったら 成敗してやろう、と思う気持があります。
どこまで よその家をいじりたいのか、情けない男のチョーを行っています。
このバムは 決して そこら辺をフラフラしていたわけではなく 大企業を停年退職
しているのです。
よろしく
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。行政書士のSUPERTONTONでございます。分かる範囲で順番にご回答できればと思います。①遺言のキャンセルは、遺言者(ここではお母様)がいつでも自由に出来ます。特に公正証書遺言が上で、自筆証書遺言が劣っていると言うことはなく、再度、自筆証書遺言で、別のものを新しく作れば、それが有効になります。生きている間は、何度でも作り直せます。そう言う方も何度も見ています。たいてい、相続人とのトラブルが原因ですが、そう言う意味では、パルさんは信用できないと理解させることも大事でしょう。②遺言の効果に、相続人以外に、相続させることが出来ることです。パルさんが親族では無く、全くの他人でも相続させる(遺贈させる)ことが出来ます。仮に、手帳に書いたものは、形式がちょっとでも民法に則ってなければ、無効です。③詐欺による契約は、取消が出来ますし、最終的に、遺言の無効確認の調停を家庭裁判所で争うことも出来ます。④実印を偽造してそれを行使すれば、詐欺罪になるでしょう。刑事告訴も可能です。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
supertontonさんは お返事が 迅速なのが うれしいです。
トントンといきますね。1。バムが 申し立てをしているのは 父親が書いていたもので 母親の
  ものではありません。父親が 手帳に書いていたものと思われます。
  正式なものではありません。
  配偶者に 全部残すというようなことが 書いてありました。
  
  父は既に死亡していますが こういうものを 持ち出して来た意図は
  どういうことが 考えられますか。2。バムが いろいろ操作ができないようにするためには 母の名義には
  変えず 今のまま 亡き父親の名義にしておいたほうがいいと思われ
  ますが いかがでしょうか。3。母の死後も バムは居座るつもりということは明らかですが このバムを
  強制的に立ち退き要求は できますか。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。分かる範囲で順番にご回答致します。1、民法の遺言の形式で無ければ無効ですが、その方の意思は理解できると言うことで、迷った時の指針になると言うだけでしょう。2、その手もあるかもしれません。3、賃貸ではなく使用貸借なので、大家が相続で変われば、見直しが可能です。賃貸借ほどの居住権はありません。

質問者: 返答済み 1 年 前.
36074;問1に対するお答えですが 迷ったときの指針になるという説明が
わかりませんが 誰が迷ったときですか。 
未亡人になっている母親が 遺言書の申し立てをするのは わからない
ことではありませんが 相続権もない居候のバムが 申し立てをするという
ことが 理解できませんが。
母が亡くなってしまったとします。 そのあと 裁判所に バムの名前で
登録されている遺書は どういう扱いにあるのでしょうか。
母の死により 無効扱いでしょうか。
その場合 このバムが 無効意義を申し立てるような 権利を持っているの
でしょうか。
申立人が 持つようになる権利は ありますか。質問2 のところですが 亡くなっている父親の名義をそのままにしておいて
いざ 売りに出すようになると 手続きが 複雑になってしまうというのは
本当でしょうか。 具体的に どれくらい複雑になってしまうのでしょうか。バムが 母親に言っていることは おかあさんの名義に早く替えないと
手続きが複雑になる、ということらしいです。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

1に関しては、裁判所に申立てると言う意味合いが不明ですが、自筆証書遺言の場合は、裁判所の検認を受けないといけません。検認は、単に、遺言書があると言うだけの証明で、内容の有効無効は問われません。こちらの説明は、遺言書以外で、例えば、エンディングノートに相続財産の思いが書かれていた場合、相続人で遺産分割協議に迷った時の分け方の指針になると言うことです。例えば、母親と子供の相続人があり、遺言が無ければ、法定相続で2分の1ずつですが、相続財産が不動産しかない時に、それを分けると母親が住む場所が無くなるので家は母親にと書いてあれば、それに従うみたいな流れです。2は、前述したように、相続人に所有権移転登記をしていないと、売却は出来ません。放っておけば相続人無くなってどんどん相続人が増えて面倒になると言う意味合いです。よくあるケースです。

法律 についての関連する質問