JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4805
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

初めてご相談させていただきます。28才になる息子がアルバイト先(車の車検代行)で、ボルトの増し締め忘れが原因で、タイヤが

質問者の質問

初めてご相談させていただきます。28才になる息子がアルバイト先(車の車検代行)で、ボルトの増し締め忘れが原因で、タイヤが外れるというトラブルが発生しました。バイト先の責任者から、その責任を全て負うように強要され、車両の持ち主に今後2回の車検代を負担すると約束することとなりました。普段から何かと暴力を受けており、無理矢理責任を全て取らされることとなったことが納得できませんが、客からは、息子からの回答に基づき、車検代の負担を要求してきます。具体的に強要を証明する証拠となるものはありませんが、過去の暴力事件とかがあり、息子本人の説明から強要されたことは間違いありません。
この時、客に対し、強要された約束なので、基本的に無効との主張をしても通るものなのでしょうか?強要の明確な証拠がない限り、約束は果たさなければならないものなのでしょうか?
ご意見をお聞かせ下さい。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話からご不明の部分はございますが、分かる範囲でご回答致します。もちろん、きちんとした作業をしなかった息子様にも問題はありますが、業務中のミスでの損害は、労働者がすべての責任を負うと言うのは間違いです。当然、会社側は、そこまでのリスクを考えて雇用している訳ですから、すべての損害を労働者に押し付けるのは問題です。すべては会社としての責任で、責任を労働者に負わせるとしてもごく一部になります。労働基準監督署か会社のもっと上の方にご相談された方が良いでしょう。また、その会社を辞めるかどうかにもよりますが、暴力を受けているのも、当然問題です。今回の件とは関係なく、傷害罪等で刑事告訴も可能ですし、民事の不法行為による損害賠償請求も可能です。今回の件とは別ですが、内容証明で、その責任者に慰謝料請求をされると良いでしょう。内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると相手に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。応じない場合は、刑事告訴すると主張します。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;連絡有難うございます。障害事件については2年強前のことで、既に弁護士を立てて示談に持ち込む狙いで交渉しましたが、相手の責任者とは実質個人でやってる会社とは名ばかりの小事業主です。途中から雲隠れし、相手の弁護士からも、本人と連絡がつかないことから、自然消滅の関係になりました。現在はその時期に強要された客から、約束(2回の車検代)の履行を求められたことに対処するにあたり、強要を証明できないにしろ、「強要されて約束させられた内容は無効である」と客に告げたいとの思いで、その法的根拠について助言をお願いしましたものです。アドバイスからすると、完全に無効とは言い切れないということですね。息子自身のミスに対し、全額ではないにしろ責任の一部については履行する必要があるという理解で宜しいでしょうか。現在、車検代1回分を負担する方向で落としどころを探っております。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。損害賠償の場合は、原状回復が基本で、車の場合、新車を補償することでもありません。また、タイヤが外れたことで、何の損害も無いなら、強要と言うよりも恐喝の可能性もあります。バイトの責任者と友人関係と言うのも怪しい気がします。一緒に組んで恐喝している可能性もあります。ある程度、交渉されると良いでしょう。

質問者: 返答済み 1 年 前.
36820;信いただき、有難うございます。先日より、当方が前面に出て交渉を開始しており、今のところ双方穏やかな主張をしている状況です。損害の絶対額が小さいこともあり、後々”しこり”が残らないような落としどころをアドバイスいただきました内容を念頭に置きながら交渉をすすめようと思います。心強いアドバイスをいただき、とても参考になりました。どうも有難うございました。
 今後の交渉内容を踏まえ、必要に応じて改めてご相談させていただこうと思いますので、その時は宜しくお願いいたします。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

また何かございましたら、お気軽にご相談下さい。よろしくお願い致します。

法律 についての関連する質問