JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

遺産相続についてお教えいただきたいです。 兄弟3人で母の遺産相続をします。不動産は分割が終わっておりあとは現金のみです。

解決済みの質問:

遺産相続についてお教えいただきたいです。
兄弟3人で母の遺産相続をします。不動産は分割が終わっておりあとは現金のみです。
不動産は弟が実家の建物と土地、私と妹が実家の横の土地(相続後に建物を建てて家賃収入あり。家賃は妹と私で折半で頂いてます。)
弟の不動産は私と妹の土地よりも評価額が500万ほど高いです。
母は10年前に事故により障害者になり父が後見人を務めていましたが6年前に亡くなりそこからは財産管理の司法書士と身体看護の私と妹で後見人を務めてきました。私たちは家族ということで母の資産を減らしたくなかったので後見人の報酬は辞退しておりましたがその報酬分や母の世話はもちろん役所の手続き、病院の付き添い、入院中の世話、精神障害者だったため警察のお世話になることも度々ありその都度迎えに行ったりで仕事を休んだり最後は仕事を辞めました、これが寄与分にあたるのかはわかりませんが簡単に言えば今まで私と妹で母の世話をしてきた分を貰いたいです。私と妹は後見人だったので世話をするのは当然だと思いますがそれでも形として認めてもらいたいです。
弟は頼んでも何も協力してくれず母の世話は一切しておりません。
また、弟は父が亡くなってから司法書士がつくまでに母のお金を使い込んでいた分が600万ほどあるのですがそれも差し引きしてもらいたいです。(使い込んだ金額は司法書士が調べ済み。)
まだこの現金について3人で話し合いもしていない段階(何も揉めていない話すらしていない。)で弟が一切連絡無視するようになり、ラインで弁護士に委任したのでそちらに連絡するように一方的に言われ1度話したいとラインしても既読にもならず電話をしても出ません。
弁護士費用が勿体ないので3人で話し合いで解決したいのですが無視されている以上なにもできません…
こちらから相手の弁護士に連絡するのもなんか嫌です…
上記のこと(使い込んだ分や評価額の差額や寄与分にあたる?)から私と妹は弟より多く貰えると思っていますが、弟が弁護士に委任している場合私たちより多く貰えるのでしょうか?
弟には多く貰える材料が一つもないと思うのですが…
特別受益などは3人ともありません。
わかりにくい文章で申し訳ありませんよろしくお願いいたします。
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
29694;金は1億二千万ほどあります、ざっくりで良いのでどんな分割案が妥当でしょうか。父が亡くなった際に私と妹は土地を共同名義で相続しています(3200万で売却済み)、父のとき弟は何も相続していませんその分を母の現金から請求されるでしょうか?
分割協議書はありますが、母の遺産相続のときに代わりのものを弟に相続させる約束などは正式には何も交わしてしません。弟は何も言わずそのときは承諾しました。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 11 ヶ月 前.

まず、兄弟3人で相続する場合、相続分は平等です。したがって、不動産の相続で500万円ほど評価額が高い財産を相続している弟よりも質問者様と妹さんは多く現金をもらえます。

また、弟は相続前に母親のお金を使い込んでいたということで、それは600万円ほどを生前贈与を受けていたと考えることができるので、その分も弟より多くもらえます。というより、弟の相続分が600万円分減るということです。これは財産管理人であった司法書士が証明してくれるでしょう。

最後に寄与分ということですが、残念ながら母親の身の上の世話をしたことによる寄与分は裁判例でも認められていません。それでは世話をした人が損するではないかと考える人が多いですが、これは世話を受けた人が「遺言によって」多く相続させることができる、と裁判所は判断しており、寄与分によることはできないとしています。こうした点で今回のケースで遺言がないことが残念です。

以上のように考えると、質問者様と妹さんは弟より、それぞれ550万円ほど多くもらえるいうことになります。

1億2000万円あるとしたら、質問者様と妹さんが4300万円ずつ、弟が3200万円という分け方が妥当になるでしょう。

また、「父が亡くなった際に私と妹は土地を共同名義で相続しています(3200万で売却済み)、父のとき弟は何も相続していませんその分を母の現金から請求されるでしょうか?」

ということですが、今回の母親の相続と、父親の相続は関係ありません。父親の相続の際にそのことは終わってますので、今回の相続で蒸し返すことはできません。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 11 ヶ月 前.

なお、弟が会いたくない、弁護士を通してくれと言っているのであれば、無理やり会うように要求することは難しいです。嫌でも弟の弁護士を通して話し合いするしかありません。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
12431;かりやすい説明でしたありがとうございました。
妹にも話してどうするか相談してみます。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 11 ヶ月 前.

お役に立てて幸いです。また何かありましたらご相談ください。

また、上記の回答で「以上のように考えると、質問者様と妹さんは弟より、それぞれ550万円ほど多くもらえるいうことになります。」は「それぞれ1200万円ずつくらい多くもらえる」と訂正させてください。

また、質問者様と妹さんの現金の取り分は4400万円ずつです。お詫びして訂正させていただきます。

法律 についての関連する質問