JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2258
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

山田と申します。 相続についての留意点をご教授いただきたいのですが。 父親、母親(施設入居)、私(別居)の3人家族です。

解決済みの質問:

山田と申します。
相続についての留意点をご教授いただきたいのですが。
父親、母親(施設入居)、私(別居)の3人家族です。
自宅(持家)の登記上、
土地(198㎡、路線価18万円/㎡)の70%が母親名義、20%が父親名義、10%が私名義になっており、建物(築27年)は90%が父親名義、10%が母親名義になっています。
現在母親の状態がよくなく、このまま亡くなった場合、
①相続がどのように発生するのか、
②相続税がどの程度かかるのか、
③何らかの措置の対象になるのか
等ご教授いただけますでしょうか。
よろしくお願い申し上げます。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.

>相続がどのように発生するのか

→母親が亡くなった場合、相続人は父親と質問者さんの半分で分けることになります。

つまり、相続した結果、土地は父親が55%で質問者さんが45%の割合になります。

また、建物は父親が95%で質問者さんが5%の割合になります。

>相続税がどの程度かかるのか

→相続税には基礎控除というものがあって、相続人が2人の場合、4200万円までの財産であれば相続税はかかりません。土地に関する税金は路線価で算出し、母親の持分を考えると、2500万円ほどになります。また、建物に関しては固定資産税評価額から算出します。質問の内容からは固定資産税評価額はわかりませんが、27年経過しており、また母親の持分が10%という事ですから、ほとんど価値はありません。

つまり、母親の不動産の相続によって課税総額が4200万円を超える事は今回の場合考えられませんので、相続税はかからないでしょう。ただ、実際に相続する場合には税務署などできちんと確認してください。

>何らかの措置の対象になるのか

→仮に相続税がかかる事になったら、配偶者であれば特別に控除される制度がありますが、今回は相続税が非課税なので関係ありません。

以上のように今の段階では相続税はかかってきませんが、今後土地の価値が上がったりした場合は注意が必要ですので、実際の相続の場合は税務署に相談に行くと良いでしょう。

質問者: 返答済み 1 年 前.
29305;に土地建物を売却する予定はありませんが、土地建物の相続(割合)とはどういうことになるのでしょうか?
登記簿上その割合になるということでしょうか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.

母親が亡くなった後に相続登記をする必要があります。

土地に関しては、母親の持分70%を半分ずつ分ける事になりますので、現在持っている父親、質問者さんの持分土地に合わせて、父親が55%、質問者さんが45%ということです。この持分は相続登記後ので持分ということです。

同じように建物に関して、相続登記後の持分が父親が95%、質問者さんが5%ということになります。

不明な点がありましたら補足しますので、返信してください。

回答が参考になりましたら評価ボタンをクリックしてください。よろしくお願いします。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.

回答を閲覧後は返信または評価をお願いします。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問