JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4761
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

私は会社を経営しております。

質問者の質問

私は会社を経営しております。
先日会社のパート女性が私や私の家族、会社に関して誹謗中傷的な内容を自身のブログに書いているのを発見し、翌日注意したところ「会社を辞めます」と言われました。
私は引き止めましたが本人の意思は固く辞めていきました。
そして1週間後に会社と私の妻宛てに「会社を辞めたのは社長が私にセクハラをしたことが原因だ。慰謝料として30万円支払ってもらう。もし払わなければ労働局に通報するほか、あらゆる法的措置をとる」といった内容の書面が届きました。
当然、セクハラなんか事実無根のことで私も大変驚きました。確実に嫌がらせです。
そして奥さんの私に対する信用も失墜しました。
1.この書面の内容について、詐欺や恐喝など法的に追及することは可能でしょうか?
(事実無根の内容に対して30万円の金額を請求しているという点)
2.奥さんの私に対する信用を無くしました。この点について何か法的に追及できますか?
3.この書面を無視していたことにより、大阪労働局に連絡され行政指導を受けました。
痴漢事件と同じ類らしく証拠が何もなくても通報した女性の言うことが正しいと
こちらの事実無根という主張は無視されました。これに関して法的に
追及はできますか?おそらく業務妨害などではないかなと思うのですが。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。まず、その女性からの会社の誹謗中傷の内容がわかりませんが、事実を書いたとしても、名誉棄損罪が成立します。名誉棄損罪は、公然と不特定多数に対して事実を指摘して誹謗中傷することで、ご相談者様の社会的信用を棄損することで成立します。親告罪ですが、刑事告訴も出来ますし、民事の名誉毀損における損害賠償請求も可能です。順番にご質問にご回答致します。1、事実無根であれば、恐喝罪もあり得ますし、相手が嘘で刑事告訴すれば、虚偽告訴罪もあり得ます。2、前述した名誉棄損罪が成立します。3、セクハラ、ストーカー、DVは特に女性に有利になります。ちょっとしたことも女性の受取方第となりますし、場合によっては、彼女のブログを監視していたのかと、ストーカー規制法違反でやられる可能性もあるので、示談してもう関わらないことが一番と言えます。弁護士の先生に事務的代理交渉でもしてもらった方が安全でしょう。示談書を作成して、もう連絡等しないと誓約させることです。関われば、更なるトラブルに進みます。

法律 についての関連する質問