JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

srleeに今すぐ質問する

srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 204
経験:  早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
70981215
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

お世話になります。

質問者の質問

お世話になります。
以前から、会社で、始業時間前に働いて、時間外手当をもらっていたのですが、突然、会社から、始業時間前の労働は禁止、という通達が出されました。労働基準監督署の指導によるもののようです。
しかし、必要に迫られて始業時間前に働いていたので、やめる訳にいかず、現在は自発的に闇で働いている形となり、手当てがもらえていません。
そこで質問なのですが、なぜ、監督署は始業時間前の労働は禁止、という指導をしたのでしょうか? そうした法令があるのでしょうか?
また、禁止されている始業時間前の自発的な労働については、時間外手当は要求できないのでしょうか?
以上、よろしくお願いします。
投稿: 7 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  srlee 返答済み 7 ヶ月 前.

ご質問ありがとうございます。

社労士の srlee と申します。

いままで始業前に時間外労働をしていて、手当をもらっていたのが、労働基準監督署の指導で禁止になり、仕事の都合上働かざるを得ないので始業前に働いているが、その分の時間外手当が出なくなってしまったのですね。

収入が減ってしまい、納得がいかないのは、当然です。

法律上は、時間外労働については、時間外協定が結ばれていて、その限度時間内であれば、始業前、始業後に関わらず、禁止されていません。

労働基準監督署がどのような指導をしたのかはわかりませんが、おそらく、限度を越える時間外があったので削減するよう言われたのでしょう。

「始業前の時間外労働は禁止」という形ではなく、会社が監督署の指導を自分なりに解釈した結果、そのようにしたのだと存じます。

時間外労働については、会社からはっきりした業務命令がなくても、会社が黙認しているのであれば、「黙示の命令」があったということで、労働時間と認められ、当然時間外手当も発生します。

しかし、会社が明確に禁止しているのに、自発的に労働者が働いている場合は、労働時間と認められない場合もあります。

とはいっても、ただ単に「時間外労働を禁止」として、会社が必要な仕事に対する対策をまったく行わないのであれば、結果的にご質問者様が行っているようにサービス残業になってしまうだけです。

この場合は、労働時間と認められる可能性があります。

会社に対して時間外手当を請求し、拒否された場合は、労働基準監督署に相談して下さい。

いままで時間外手当が支払われていたのに、一律に禁止され、しかも、時間外に行っていた仕事への対策がなにもないので、サービス残業になってしまっている、という事情を話せば、再び会社に指導が入るはずです。

または、始業前の時間外労働が発生しないよう、労働時間の規定を見直す、人員を増やすなど、会社に対策を要求するべきです。

いままでと同じ働き方をしていて、ご質問者様には落ち度がないのに、会社と交渉しなければならないのは理不尽なことですが、黙って働いていては、解決する見込みはありません。

できれば、職場の同僚などに働きかけ、ひとりではなく複数で交渉するのがよいかと存じます。

もし、職場内に労働組合がないのであれば、外部の個人で加盟できる労組(ユニオン)に相談するという方法もあります。

参考までにリンクしておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~orange21/liroukojin.htm

回答は以上となります。

不明な点がありましたら、返信して下さい。補足してご説明します。

この回答に参考になる点がありましたら、評価をお願いいたします。

ありがとうございました。

srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 204
経験: 早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
srleeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 7 ヶ月 前.
19969;寧に解説下さり、ありがとうございます。よく理解できました。さらに質問なのですが・・・① 職場の上司は、始業時間前に働いてはいけない、と口頭で職場の全員に通達したのですが、その後、私たちが始業前に働いているのを毎日見ているのに、何も注意しません。これは、黙認にあたるのでしょうか?② 始業時間前の労働について、記録を取った方が良いと思っているのですが、最低限、残しておくべき内容(いつ・誰が・何時間 など)としては、どのようなことがありますか?以上、よろしくお願いします。
専門家:  srlee 返答済み 7 ヶ月 前.

プラス評価をいただき、まことにありがとうございます。

また、回答が遅くなり、申し訳ございません。

①口頭で禁止を通達しただけで、その後、それが守られていなくてもなんの注意もしない状況は、黙認に当たると考えます。

ただ、それを証明できるかが問題ですので、できれば同僚の方などで、証言してくれる人を見つけておいてください。

②記録しておく事項としては、次のようなものが考えられます。

・年月日

・出勤した時間、仕事を始めた時間(タイムカード以外にも、PCのログなど証拠となるものがあれば残す)

・だれとどんな仕事をしたか

メモも大切ですが、なにか証拠になるものがあれば、考えられるものは、すべて残してください。

また、仕事内容についても、勝手にやっているのではなく、始業前に仕事をしなければならない状況であることを、説明できるようにしておきましょう。

回答は以上となります。

ありがとうございました。

質問者: 返答済み 7 ヶ月 前.
20855;体的で詳細なお返事、ありがとうございます。
よく理解できました。アドバイスに従って、自分のできる行動を始めたいと思います。
今回は、本当にありがとうございました!
専門家:  srlee 返答済み 7 ヶ月 前.

こちらこそ、ありがとうございました。

会社との交渉、がんばってください。

無事に解決するようお祈りしております。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    388
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    80
    社会保険労務士事務所経営
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    25
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee7208 さんのアバター

    srlee7208

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    早稲田大学卒業。 1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

法律 についての関連する質問