JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4636
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

新潟県加茂市にある実家についてのご相談です。明治・大正時代よりの借地に祖先が住居を構え、最近では父母で住んでいましたが、

質問者の質問

新潟県加茂市にある実家についてのご相談です。明治・大正時代よりの借地に祖先が住居を構え、最近では父母で住んでいましたが、一年前に84歳で父が他界し母の名義に直そうとしたところ、地主と間に契約書が無い事がわかりました。相続人は母の他に長女の私と次女の妹、その下に長男の弟です。地代は月2万円ですが、この際きちんと契約書を作成しておくべきでしょうか?地代が増えるならいっそこのままでもと思いますが、どうすれば当方の有利に進めることができるでしょうか?母が亡くなった後は実家には誰も住まない予定です。
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 11 ヶ月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。契約書が無かったと言うことは、口約束だった可能性がございます。民法の場合、口約束でも契約は成立しますが、争う場合には、賃貸契約書等が無いと問題となります。特に、今回は、ご相談者様の相続が発生しましたが、貸主側の相続が発生した場合に、そのような約束はしたことが無いとでも主張されると面倒です。また、誰も住まなくなって土地を返還する場合に、建物は、買い取りしてもらうのか、それとも、更地にして返すのか等、決めておかないと、金銭的な問題が発生します。現在は、定期借地契約もありますが、それは貸主有利なので、一般の借地契約にしておくと借主有利で良いでしょう。契約書の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されるとスムーズに作成が可能でしょう。

法律 についての関連する質問