JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4767
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

急ぎの質問お願いします。 定借地の上に家を建てます。

解決済みの質問:

急ぎの質問お願いします。
定借地の上に家を建てます。
その建物は母がお金をだし、娘夫婦が家賃を払って単世帯で住む予定です。
まず、建物の名義ですが、①母の名義のみ②母と娘の名義(1200万円分を娘の名義にする)
税金や相続を考えた場合、このどちらかにしたら良いのか分かりません。
定借地の名義も関係しますか。
また、将来的に定借地の売買がある場合もふまえて教えて下さい。
宜しくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。まず、お母様が全額費用を出して、家賃を支払うのであれば、その額にもよりますが、ご相談者様がお母様に借金をして、ご自分だけの名義にすれば、贈与ではないので将来的には、相続が起きれば、お母様の債権を相続するので返済しなくてもよくなる可能性があります。仮に、お母様だけの名義にしても、相続時の不動産の特例があるので、相続税はかからないことが多いと言えます。また、建物は、固定資産税の評価額ですから、贈与した場合、相続時精算課税を使うのであれば、その時点で額にもよりますが贈与税を支払う必要はなくなります。贈与税よりも相続税の方が安いので相続まで待っても問題無いでしょう。それと定期借地権の建物も売買できますが、定期借地権と同時になるので、土地所有者の承諾が必要となります。最近は、不動産価格が下がっていくばかりなので、相続まで待つ方が得だと言われています。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;々のお部屋ありがとうございます。
まず、この建物は、あくまで賃貸物件として家賃(13〜15万円)を払い、主人の会社に家賃補助の申請をする予定です。ですので娘の名義(=嫁の名義)のみではマズイのではないかと思っています。あと、母の名義のみで将来的に定借地が売買されるとした時、建物の相続は問題ないにしても、土地の居住権も娘が実際に住んでいれば権利があると考えていいですか?居住権が認められなければ土地の売買金額が高くなりますよね。
その辺りもお答えいただければ幸いです。
宜しくお願い致します。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。基本的に、現状では、建物に関してお母様の名義から変更するメリットはあまり無いと言えるでしょう。それと、定期借地権かどうかと言うのもありますが、本当に定期借地契約なら、期限が来た場合に更地にして地主に返還しないといけません。居住権と言うことでの対抗は難しいと言えます。基本的に期限が来れば更新は出来ません。定期借地権契約は、公正証書でされるものですが、そう言う契約をしていますでしょうか。ただの借地契約なら、更新は出来ますし、居住権の考え方はあります。

質問者: 返答済み 1 年 前.
23455;は、土地は親族が代表をしている宗教法人名義の土地です。なので定借地にでもただの借地にもできます。が、基本的には法人の財産を減らさない為に定借地での契約が多いようです。
やはり居住権を言い、将来的に土地を購入する可能性があるのならば、ただの借地のほうが良いということですね?
定借地だと居住権もなく、更地返還で契約更新もないという理解でよろしいでしょうか。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

定期借地権契約はまだされていないと言うことでしょうか?定期借地は、貸主に有利になります。ご相談者様のお考えでよろしいと思います。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございました。

法律 についての関連する質問