JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2258
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

8月21日に、岩手県一関市で、追突事故をおこしました。その時は、先方の方も体は大丈夫ですとの事で、千葉から遠方なので、も

質問者の質問

8月21日に、岩手県一関市で、追突事故をおこしました。その時は、先方の方も体は大丈夫ですとの事で、千葉から遠方なので、もし明日被害者が体が痛くなった時の為また一関まで来るのは、大変だからと言って調書にサインさせられました。被害者の方は、月曜日に医者に行き、警察から診断書を
出すように言われて、提出したそうです。その後被害者の方にお話しして、物損事故でも、人身事故でも変わらず保障しますと、お願いし、人身事故の取り下げを、お願いして、警察へ行って貰ったのですが、拒否されたそうです。再度お願いして警察にお願いして貰ったのですが、調書もとってあるのでと拒否されたそうです。
被害者が、取り下げるのは、不可能なのでしょうか?お尋ねします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.

多くの人が「人身事故」を取り下げて「物損事故」に切り替えができないかと考えることがあるようですが、ほぼ無理です。診断書が発行されて警察に提出された時点で人身事故が確定します。その診断書に「事故の影響は何もない」とあるならば取り下げの可能性もないわけではないですが、実際は難しいです。

被害者が「取り下げたい」と言っても、取り合ってはくれません。はっきり言うと警察は「行政処分や刑事処分を免れるために加害者と被害者の間で取引があるのではないか」と疑うからです。

刑事罰と行政罰は、事故を起こした者を処罰することで社会的な利益にもなっています。つまりそれは被害者と加害者だけの問題ではありません。「加害者の責任を免除させる」という目的のために取り下げることは認められないということです。

法律 についての関連する質問