JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1050
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

転職後、転職前の会社から転職先がなぜかばれて連絡がかかってきました。

質問者の質問

転職後、転職前の会社から転職先がなぜかばれて連絡がかかってきました。
(伝言メモに入っていたので、まだ「そうです」とは返事していません。)
しかも、同業他社に転職は契約違反だと今更言ってきました。転職前に転職先は同業他社ではないと嘘はつきました。(同業他社に転職は違反だからと退職前に一言はあるべきではないかと思っています)
この場合、契約違反の損害賠償を請求されるのでしょうか?
就業規則はもらっていません。退職前に何か誓約書のようなものを書かされたわけでもありません。ちなみに会社はSES(システムエンジニアリングサービス)なので、秘密もなにも自社には面接だけで、あとはずっと客先でした。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.

法律カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

退職後については職業選択の自由がありますので、原則は競業避止義務(競業を避ける義務)がありません。したがって、同業他社に就職しても損害賠償の責任はありません。誓約書などで競業する会社に就職しないことの特約があった場合には競業避止義務が発生することがあります。しかしながら、退職前に誓約書は書いていないということですので競業避止義務はありません。また、参考までにですが、仮に競業を避けることの誓約書があったとしても競業避止義務が必ず発生するかといえばそうではありません。原則的には職業選択の自由がありますので、競業避止義務が有効となるケースというのは限られています。その限られたケースに該当するかどうかは、退職前の地位や業務内容、競業禁止の範囲や期間、競業禁止の理由など総合的に判断されます。いずれにしましても、誓約書などで競業する会社に就職しないことの特約がないようですので損害賠償の責任はありません。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;速の回答ありがとうございます。
今後また連絡があった場合も、無視をしても大丈夫でしょうか?
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.

会社からの競業避止義務についての連絡についてはほっておいても大丈夫です。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26368;後にあと2つだけお願いします。
・転職前の会社から「あなたが転職した会社は○○ですよね?」と言われたことに対しては回答する必要はないですよね?
・転職先の会社の名前がわからないと退職後の手続き(源泉徴収票とか)が遅れると言っていましたがそんなことないですよね?
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.

>転職前の会社から「あなたが転職した会社は○○ですよね?」と言われたことに対しては回答する必要はないですよね?

→ 回答しなければいけない義務はありません。

>転職先の会社の名前がわからないと退職後の手続き(源泉徴収票とか)が遅れると言っていましたがそんなことないですよね?

→ 退職に関するハローワークなどへの手続きで転職先の会社の名前が分からないと手続きが遅れるということはありません。

ekotaeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
22823;変助かりました。
ありがとうございました。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.

プラス評価をありがとうございます。

またご丁寧なご返信にも感謝申し上げます。

法律 についての関連する質問