JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
70981215
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

会社で物流センターの長を任されているのですが、就任したのは今年の四月でした。

質問者の質問

会社で物流センターの長を任されているのですが、就任したのは今年の四月でした。
この物流センターでは、5〜6年の間、出荷ミスが無かったのですが、先日ミスが発生してしまいました。
職員が製品の送り先を取り違えたため、二箇所の送り先がすり替わってしまいました。扱う商品が化成品のため、気付かずに使用されていれば大問題でしたが、受け取りの段階で発覚したため、大事には至りませんでした。
その事を会長(社員数の少ない会社で、社長や常務がいても言いなりで、全て会長の指示に従っているような、典型的なオーナー会社です)に報告に行ったのですが、後になって常務から、会長がえらい怒っていて進退伺いを出させろと言っているから書いてくれと言われました。
会長への報告時に、責任者として謝罪もしましたし、対応策や再発防止策についてもきちんとお話ししたつもりでいましたが、なぜか無責任だの職務放棄だのとお怒りのようです。
責任者としての責務は果たしているつもりですが、進退伺いとは辞職も辞さずその判断を仰ぐ書類になると思うのですが、辞める意思は自分にはありません。損害賠償も発生していない状況で、理不尽な会長の怒りに任せて私は進退伺いを書くべきなのでしょうか?
勿論ですが、私は言い逃れをしたつもりもありませんし、責任転嫁もしておりません。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.

ご質問ありがとうございます。

社会保険労務士・ハラスメント防止コンサルタントの srlee と申します。

物流センターの長をされているが、職場でミスが発生し、会長に謝罪し善後策も話したにも関わらず、進退伺を出せと言われているのですね。

理不尽な会長や常務の態度に納得がいかないこととお察しします。

おっしゃるとおり、進退伺というのは、責任を取って退職したいが、それについて上司に判断してほしいという内容のもので、退職の意志もないのに、書くものではありません。

本人の意志に反して進退伺を書かせるというのは、退職強要になり、パワハラです。

常務には辞める意志がないので、進退伺を書くつもりはないと、はっきり断りましょう。

ミスについて会社として懲戒するようであれば、就業規則の規定に則って懲戒すればよいだけのことです。

ご質問者様に進退伺を出させるのは筋違いです。

損害賠償も発生していないということですし、5~6年間もミスがなく、たった一度きりのミスですから、社会通念からいって、重い懲戒処分もありえません。

かりに懲戒されたとして、その内容に納得がいかなかったり、手続きに不備がある場合は、労働局などの労使紛争解決手続きを利用することもできます。

下記サイトに相談窓口の案内があります。

https://no-pawahara.mhlw.go.jp/inquiry-counter

回答は以上となります。

不明な点があれば、返信して下さい。補足してご説明します。

この回答に参考になる点がありましたら、評価をお願いします。

ありがとうございました。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございます。
確かに意思に反するものは強要されてでも書くものではないですよね。
進退伺いを書かないと拒絶した場合、懲戒処分や減給なども想定されますが、残りたければ甘んじて受けるしかないのでしょうか?
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

減給などの重い懲戒処分については、会社が好き放題にできるというものではありません。

・就業規則に懲戒できる旨の規定があるか

・懲戒までの手続きは適正か。本人の弁解もきちんと聞いているか。

・犯した行為に対して、懲戒処分のバランスがとれているか(軽いミスであれば軽い処分、重大なミスであれば重い処分)

・いままで同種の行為に対して、今回と同様の懲戒が行われているか

これらの観点から見て、会社の行為が権利の濫用であり、無効とされる判例も多くあります。

ただ、これは法廷に出た時の話ですので、社内では法律よりも会社の意志が通ることが多くなってしまいます。

ですので、どのように交渉するかが重要になってきます。

できれば、会社側と話をするときは、録音してください。

スマホや IC レコーダーで簡単に録音できます。

こっそり録音しても違法ではありません。

また、会社に対する意思表示や抗議は文書で行うというのも一つの方法です。

行政の相談窓口に行くことも考えている、と話すと会社側が譲歩してくる場合があります。

ただ、これに関しては逆に態度を硬化させる場合もあるので、相手による、としか言えないところです。

「解雇する」「懲戒する」というのではなく「進退伺を出せ」という要求ですから、解雇する気はなく、ご質問者様がどれほど会社に従順か、試しているとも考えられます。

戒告などの比較的軽い処分であれば、そのまま受けて話を終わらせる、という選択もあり、どこまでなら譲歩できるのか、という点も考えておいたほうが交渉しやすいでしょう。

もちろん、意に沿わない理不尽な要求には従う必要はありませんが、会社の状況や相手の性格も考えあわせて、どこまでが譲れないラインか、考えて交渉するしかない、というところです。

回答は以上となります。

参考になる点がありましたら、評価をお願いします。

ありがとうございました。

専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.

恐れ入りますが、回答をご覧になったあとは、評価をお願いいたします。

なにか不明な点があれば、返信にてご質問ください。

法律 についての関連する質問