JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2510
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

不動産の名義変更に関しまして 質問があります。 現在は 父親名義になっています。父親は 17年前に死亡しています。

解決済みの質問:

不動産の名義変更に関しまして 質問があります。
現在は 父親名義になっています。父親は 17年前に死亡しています。
それを 母親名義に変えたい、と母から言ってきました。
その場合 子どもとして 同意の印鑑が必要なようですが これは実印と
いうことでしょうか ?
その件がらみで もうひとつ質問があります。
両親には こどもはふたりいましたが ひとりは すでに死亡。
そこには こどもがひとりいます。
母が亡くなった場合は こどもが2分の1、亡くなったこどものこどもが
2分の1という解釈でいいのでしょうか。 何故 この質問をするかと
いいますと 亡くなったこどもには 夫がいます。 この夫が 裁判所から
聞いてきた、と言ったことは 自分にも4分の1もらう権利がある、と。
それは 法律で決められていることでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dueprocess 返答済み 1 年 前.

ご質問ありがとうございます。

特定行政書士です。

よろしくお願いいたします。

まずは要件のみ回答いたします。

1.はい、正確には「印鑑証明書」が必要になります。

2.はい、正確にはご相談者様のご姉妹のお子さんに4分の1の権利がございます。

これは法律で定められており、代襲相続」といいます。(民法第887条)

ご不明点ございましたら補足いたしますので、その旨ご返信ください。

それではよろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;速の お返事ありがとうございました。実をいいますと わたしは 米国在住ということもあり 日本の実印とか
印鑑証明なるものの区別がはっきりしていません。
印鑑証明というのは そのあたりに売ってあるようなイモ判を申請しても
通用するのでしょうか。
わたしに記憶にある実印というのは 名字の彫りかたからして 複雑でしたが。相続の分配のしかたですが 亡くなったこどものこども、つまり 母親にとっては
孫になるわけですが この子にいくのは 2分の1ではなく 4分の1ということですか。もう一度 まとめます。
不動産は 今はまだ 父親の名義になっている。 父親は すでに死亡。
母親の名義にかえたいという母親の希望。名義を母親に変えたとします。
この夫婦には 花子と桃子のふたりのこどもがいましたが 桃子は
すでに死亡。 その桃子と配偶者のあいだには こども,太郎がひとり
います。母が 死亡した際の財産分与は 花子 2分の1、
太郎 2分の1ではなく 太郎には 4分の1ということでしょうか。
そうしますと 残りの 4分の1は 何処へいくのでしょうか。
桃子の配偶者の相続分は 法的に 認められているのでしょうか。
質問者: 返答済み 1 年 前.
35500;明を やり直してみました。
相続の権利の部分は 例えば 不動産の価格をわかりやすいように 100万円とします。
母の名義に変えた場合 母が死亡した場合 花子と桃子の子,太郎に それぞれ 50万
ということではないのですか。
桃子の配偶者には 法的な相続分があるのでしょうか。
裁判所から 4分の1の相続分があるといわれたと 本人が 母に言っているらしいのですが
何処からその4分の1がでてきたものやら。。。。。。今回はの説明では クリアになったでしょうか。
質問者: 返答済み 1 年 前.
36820;信が まだ届いていませんが。。。。。
専門家:  dueprocess 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

ご対応遅くなり失礼いたしました。

最初にお願いですが、ご質問のやりとりを続けられるのであれば「マイナス評価」は一切されないようにお願いいたします。

今後「マイナス評価」された場合は、やりとりを希望されないと判断し、回答を辞退させて頂きますのでご留意ください。

以下回答になります。

>印鑑証明というのは そのあたりに売ってあるようなイモ判を申請しても
通用するのでしょうか。

通用はしますが、「本人の印鑑であること」を役所が公的に証明するものなので、一般流通している認印ですと、意味がありませんので、

ご認識の通り、独特のデザインのものになるわけです。

>相続の分配のしかたですが 亡くなったこどものこども、つまり 母親にとっては
孫になるわけですが この子にいくのは 2分の1ではなく 4分の1ということですか。

前回はお父様の相続についてご質問とお見受けいたしましたので、

お母様2分の1

花子4分の1

太郎4分の1

という意味でお答えしました。

お母さまについて相続が発生した場合の相続人の相続分ということであれば、

花子2分の1

太郎2分の1

ということになります。

ちなみに配偶者は代襲相続はしません。(相続分はないということです。)
以上よろしくお願いいたします。

dueprocessをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問