JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2274
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

何十年も前に亡くなった被相続人の叔父の、養子に入った被相続人の弟も無くなり

解決済みの質問:

何十年も前に亡くなった被相続人の叔父の、養子に入った被相続人の弟も無くなり
土地の登記をするということで、その養子の息子が相続して登記するということで、財産分けもないままに、土地の面積などの表記もないまま、(全て教えてもらえませんでしたが)登記ができないと、困るということで、仕方なく残った従姉妹6名で相談して、遺産分割協議証明書を提出しました。2〜3日 たってから、亡くなった母が相続人なのですが 亡くなった父にも権利があるということで、新たに遺産分割協議証明書が送られてきました。追加で添付するというのですが、その中には亡くなった叔父の妻の名前と養子に入った叔父の妻の名前と父の名前が書いてありました。訳がわからないまま、又実印を押すのに躊躇しています。司法書士さんは 自分の手違いで、申し訳ないと言って、もし、印鑑を押さないのでしたら、自分は降りますと言われました 個人で話合ってくださいと言われました。この場合の権利と最初に出した遺産分割協議証明書は有効でしょうか?(ちなみに被相続人の叔父が亡くなった時には母は存命していました
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
質問者: 返答済み 1 年 前.
65288;質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次の追加サービスを希望していますが、ご提供いただくことは可能でしょうか?サービス名:電話でのやり取り。 もう少し情報が必要な場合は、どういった情報が必要なのかお知らせください。また別の追加サービスをご提案いただければ、検討します。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.

質問の「この場合の権利と最初に出した遺産分割協議書は有効でしょうか」という中の「この場合の権利」とは「誰の、何の権利」のことでしょうか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございます 
権利とは 母の夫にも財産相続の権利があったということで追加で分割協議書に印を押してくれと書類が届きました。
内容は=昭和57年5月18日に被相続人死亡 法定相続人は私の母 私の父 長女 次女(私)長男が法定相続人でした
父は平成7年1月17日死亡 母は平成25年5月21日死亡。 父上様の死亡事項を追加すべきとの結論となりました=
という文面でした。父にも私たち姉弟にも権利があるという文面でしたが、土地の登録に、そこまで必要な事なのですか?権利がどのように使われてるのか、よく理解できません。追加で添付するという事ですが、こんな事を又何回も書類送られても、私としては、どれが一番有効で、どれも必要な書類だとしたら、あまりにも、いい加減な書類作成にしか思えません
全部白紙に戻して、最初から全てやり直ししたいです。分割協議書類にサインと印押してしまいましたので、この今までの書類が無効になるようならと弁護士さんに相談してみました。差し戻し出来るような書類内容なのか?こんなもんだよ?なのか?という事が、有効なのかという理由です。すみません説明がうまくできなくて・・・
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.

もう一度確認させてください。質問者様のお母さんが相続人である場合、お母さんより先に配偶者(質問者様のお父さん)が亡くなったのなら、お父さんは相続人ではないのですが、本当にお父さんが相続人となると記載されているのでしょうか?単に死亡年月日を追記するだけではないのですか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
29238;の名前と死亡年月日が書かれてて、生存してる残りの7人(相続人も含む)が
=被相続人の遺産につき次のとうりに分割する事に協議した 相続人は全ての不動産を取得する=との内容です
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.

そういう内容なら、質問者様のお父さんは相続人ではありませんね。単に死亡年月日を追記しただけです。

有効な書類はこれから実印を押す書類で、以前の書類は無効になります。

その司法書士は結構しっかりした人です。きちんと説明をしています。安心してほしいのは、最後に実印を押印したのが有効な書類です。通常の業務でも、書類の差し替えは行われています。

不明な点がありましたら補足しますので返信してください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
27515;亡年月日と名前は 確認のためということなのか?土地の登録に必要な事なんですか? 
他に理由はないということだと、問題のない内容ということですね?
私は、又何か相続人の都合の良い事に使われてしまうんではないかと、
不安がありましたが。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.

お父さんの死亡年月日と名前はお母さんより先に亡くなっている、ということを記すためです。それを記すことにより、お父さんは相続人ではないということを確認できるからです。何の問題もない記載です。当然のことを記載していますが、必要な記載事項です。

何か悪い事に利用されるという事はありませんので、ご安心ください。

不明な点がありましたら補足しますので返信してください。

回答が参考になりましたら評価をお願いします。

shihoushoshikunをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございました。安心しました。不思議ですね、この回答を見ていると、なんで今まで、疑問に思ってたり、
猜疑心が、あったのかと、書類を見直してみると、普通の内容ですね。
前に来てた、受け取ってもいない財産の受益証明書の破棄などを何回も繰り返しているうちに、どんどん、不安になってきたように思います。ありがとうございました。

法律 についての関連する質問