JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2190
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

一人の養親について成人の養子の人数の制限はあるのでしょうか。

解決済みの質問:

一人の養親について成人の養子の人数の制限はあるのでしょうか。
一人の養親に既に成人の養子がある場合、別の者がさらに養子になるには既に養子になっている者の承諾は必要なのでしょうか。
結婚している者が養子になる場合、配偶者とともに養子にならなければならないとするような制限はあるのでしょうか。制限はないとすると配偶者の承諾は必要なのでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dueprocess 返答済み 1 年 前.

ご質問ありがとうございます。

特定行政書士です。

よろしくお願いいたします。

>一人の養親について成人の養子の人数の制限はあるのでしょうか。

いえ、特にありません。

>一人の養親に既に成人の養子がある場合、別の者がさらに養子になるには既に養子になっている者の承諾は必要なのでしょうか。

いえ、必要はありません。

>結婚している者が養子になる場合、配偶者とともに養子にならなければならないとするような制限はあるのでしょうか。制限はないとすると配偶者の承諾は必要なのでしょうか。

そのような制限はございませんが、承諾は必要となります。(民法第796条)

以上よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;回答ありがとうございました。最後の部分以外は根拠条文が記載されていないのは質問した制限を規定する条文がないので挙げられていないものと理解いたしましたが、もし可能であればそれらの制限について関連するであろう条文がありましたら挙げていただければ幸いです。それぞれ1つ程度で結構です。
専門家:  dueprocess 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

健康な成人の養子縁組での制限は下記くらいであると思います。

(尊属又は年長者を養子とすることの禁止)

民法第793条  尊属又は年長者は、これを養子とすることができない。

あとは取り消し条項があることくらいでしょうか。

(配偶者の同意のない縁組等の取消し)
民法第806条の2 第796条の規定に違反した縁組は、縁組の同意をしていない者から、その取消しを家庭裁判所に請求することができる。ただし、その者が、縁組を知った後六箇月を経過し、又は追認をしたときは、この限りでない。
2 詐欺又は強迫によって第796条の同意をした者は、その縁組の取消しを家庭裁判所に請求することができる。ただし、その者が、詐欺を発見し、若しくは強迫を免れた後六箇月を経過し、又は追認をしたときは、この限りでない。

養子の要件に関する規定は、民法第792条から801条までと少ないですから、気になるようでしたらざっと眺められるとよろしいかと思います。

それではよろしくお願いいたします。

dueprocessをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問