JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

飲食店閉店時の残余財産分配について 私(質問者)は経営者の相続人になります。

解決済みの質問:

飲食店閉店時の残余財産分配について
私(質問者)は経営者の相続人になります。
父親が飲食店を経営していたのですが、急に倒れてしまい、経営が困難になってしまいました。お店の口座(個人名義)に残余財産があるのですが、分配としては、出資していた経営者が受け取る形で問題ないでしょうか。
(もし、別の人間も出資していたのであれば、その方にも分配)
お店を継続したい従業員からは、お店の運転資金を残すようなことを言われております。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.

お父様の個人経営ということですよね?

そうであれば、その飲食店の財産はお父様のものなのでお店の口座にある預金もお父様のものということになります。そして従業員に対して支払うべき給与などを全て支払っていれば、その預金を質問者様が相続することができます。

もし、別の人間が出資していれば個人経営といえど勝手に店を占めることはできません。共同経営者ということになりますから、その人にも意見を聞くべきでしょう。もし共同経営者がいたとして、その人が店を続けたいと言うのならばその人が出資したお金を返して終わりということになります。

質問者様がお店を継続する意思がなければ、お店の運転資金を残すよう言われても応じる必要はありません。お店を継続したい従業員がお金を出すべきだからです。

不明な点がありましたら補足しますので返信してください。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;々にご回答ありがとうございました。助かりました。
父親が脳梗塞で何も認識できない状態となっており、今までの経緯も何もわからずにいる状況です。
またご相談するかも知れませんが、宜しくお願い致します。

法律 についての関連する質問