JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4626
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

父親が契約した不動産業務委託契約書をクーリングオフしたいのですが、電話連絡に従って自宅で契約しています。父親は要介護2で

解決済みの質問:

父親が契約した不動産業務委託契約書をクーリングオフしたいのですが、電話連絡に従って自宅で契約しています。父親は要介護2ではっきりとおぼえていないようなのですが、クーリングオフすることは可能でようか、契約日は平成28年7月1日です。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。まず、不動産業務委託契約書とは、具体的にはどのような契約内容でしょうか?不動産の媒介契約書のことでしょうか?基本的に、契約場所が自宅であり、要介護度と認知度は異なりますが、認知症等で判断能力が劣っていれば、取消可能な契約とも言えます。また、8日以内であればクーリングオフも可能とは思います。不動産の売買契約では無いと思いますが、手付金があるものは、手付金を放棄すれば解約は可能です。今後のこともありますので、お父様の判断能力が劣っている場合は、家庭裁判所に成年後見制度を申立てると良いでしょう。ご相談者様のようなご親族も成年後見人になることが可能ですし、司法書士の先生のような専門家にご依頼することも可能です。それと、消費生活センターは一般的には、平日のみの受付です。土日祝でどうしてもの場合は、消費者ホットライン(03-3446-1623)があります。

質問者: 返答済み 1 年 前.
19981;動産(土地)に関する事実調査(登記簿謄本、地積測量図、公図等の取得および確認)
インターネット掲載(全日本不動産協会関連サイト・不動産ジャパン・自社のホームページ
本物件に関する苦情や問い合わせがあったときの対応、甲への報告
本物件の現状確認
特約
以上が委託業務の内容です。
裏面にクーリングオフについて確認があって
クーリングオフのできない場合の中に
甲の請求により甲の自宅で契約の申込または契約締結を行った場合と記載されています。
このような場合でもクーリングオフはできますか。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

基本的には、お父様の判断能力の状況次第とも言えますが、クーリングオフをさせないで強引な意図が見えますので、消費者被害として消費生活センターにご相談してみることは必要と言えます。地域包括支援センターや社会福祉協議会にもご相談されてみても良いでしょう。契約自体は、媒介契約のように思えますので、早急に内容証明で解約の申し出をされると良いでしょう。内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると相手に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問