JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2257
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

子会社の代表取締役ですが、パワハラを理由に解任される可能性はありますか?親会社からはパワハラの言動の責任を問われておりま

解決済みの質問:

子会社の代表取締役ですが、パワハラを理由に解任される可能性はありますか?親会社からはパワハラの言動の責任を問われております。また、会社の一部職員にパワハラと思われる暴力行為が発覚し、その加害者は諭旨解雇をするように求められており、管理責任も問われております。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.

基本的には社内規定の問題です。

ただし、質問者様自身がパワハラをしていたわけではありませんから、即解任ということにはならないと思われます。管理責任を問われているということであれば、そのパワハラをした加害者に対して何らかの措置を取っていたかという点が重要になってくるでしょう。もし、パワハラを知っていて放置していたのであれば監督責任を問われて解任されるということもありえます。しかし、知らなかった、あるいは何らかの注意勧告を与えていたのにもかかわらずパワハラを行っていたということであれば監督責任を問うのは難しいでしょう。

ただし、親会社は質問者様を自由に解任することは可能です。取締役を誰にするかは親会社の裁量によるからです。つまり何の責任もないのに解任されることもあり得るのです。しかし、もし正当な理由なく(何の責任もなく)解任されてしまった場合は、会社に対して損額賠償を請求することも可能です。

不明な点がありましたら補足しますので返信してください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
31169;自身はパワハラと言う認識はなかったのですが、今までも失敗が多く、反省もしない反抗的な部下だった為、業務上の注意が行き過ぎ、暴言を吐いてしまったようです。暴言の内容は記憶にはないのですが、辞めてしまえ、と受け取られるような、発言をしてしまったようです。この事がきっかけで調査が入り部下の暴力行為が明らかになりました。これでは解任も止む得ないと言う事でしょうか?解任に納得できない場合は何らかの法的な措置が取れるのでしょうか?解任されるとすれば、任期途中でも即刻解任でしょうか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.

>これでは解任も止む得ないと言う事でしょうか?

→一度の暴言で解任というのは正当な理由がないように思います。暴言を言ったことが事実なら謝罪して終わりにすることもできるでしょう。ただ、先ほども述べましたように解任するかしないかは親会社が自由に決められます。納得いかない場合は以下の質問の回答のような措置を取ることができます。

>解任に納得できない場合は何らかの法的な措置が取れるのでしょうか?

→先の回答でも述べましたが、解任するかしないかは親会社が自由に決めることができます。納得できない場合は任期満了までの役員報酬を損害賠償金として請求することができます。代表取締役を辞めないようにする法的な措置は残念ながらありません。金銭面での請求のみです。

>解任されるとすれば、任期途中でも即刻解任でしょうか?

→即解任となります。その代わり上記に述べましたが、解任に納得いかない場合は任期満了までの役員報酬を請求していくことになります。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問