JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4628
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

2年前に、弁護士に裁判を依頼しました。その時東方は内金のつもりで54万支払いました。

解決済みの質問:

2年前に、弁護士に裁判を依頼しました。その時東方は内金のつもりで54万支払いました。
2年たちやっと裁判が終了し、弁護士費用として裁判で得た利益の10%+18万で計160万請求されました。
弁護士側は54万は着手金であり、その他に弁護士費用を支払えと言っております。
こんな道理が通るのでしょうか?
松戸市上矢切1652
佐々木行雄
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。基本的に、現在の弁護士の先生の報酬は、自由報酬制度ですので、契約の内容としては自由となります。これは全部の士業も同じことです。ただ、確かに最近は、一般的に、着手金が10万円~30万円程度であるので高額ではあると思います。それは、案件によりますが、相続案件だと着手金が100万円の場合もあります。そこは、事前に、説明をきちんと受けておくべきでしたし、契約書を作成しておくべきだったかもしれません。ただ、高い安いと言う判断は、一概には出来ないのが現状で、事前に契約書がなく口約束だけであれば、減額交渉をされても何ら問題はありません。ご相談者様が、しつこく申出れば、相手も面倒なので応じるかもしれません。あくまでも契約なので、合意のもとに出来れば何でも有ですから、協議次第です。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問