JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

2013年の6月13日に、元夫より私を脅す内容のメールが届きました。その内容は、元夫が家に戻るまで(約3日後)に私が同居

質問者の質問

2013年の6月13日に、元夫より私を脅す内容のメールが届きました。その内容は、元夫が家に戻るまで(約3日後)に私が同居している家を出ていかないと私の財産に害を加えるといった内容です。
これを受けて私は6月15日に家を出ていきました。
この件については警察が強要として立件し、検察へ送致となりましたが、どうやら起訴は難しそうです。
ですので、民事で裁判をやりたいと思っておりますが、時効が迫っております。そこで弁護士の助言を受けて時効を伸ばすために内容証明郵便を配達証明付きで元夫宛てに送りましたが、6月7日に郵便局員が持って行っているものの、不在だったようでいまだに元夫の手元には届いていないようです。
そこで質問です、この場合、強要の時効が成立するのは6月13日なのでしょうか。それとも、(私が実際に家を出て行った)6月15日もしくは(夫がそれまでに出て行けといった日にちである)16日なのでしょうか。
また、内容証明郵便が届いたことは元夫のポストに投函されているはずですが、もし元夫がこのまま無視した場合、今後裁判をする際に、郵便局員が持って行った6月7日に相手方に通知はされているということになるのでしょうか。
それとも保管期限の7日後になるのでしょうか。
時間が迫っているので早急に知りたいです。どうかよろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.

質問者様のケースの場合、時効の完成は強要を「受けた日」から3年が経過した日ですから、6月13日です。

そして、内容証明を郵送して不在だった場合、その意思表示は相手に到達していないものとみなされてしまい、時効の中断にはなりません。郵便局員が持って行った日に意思表示が到達したことにはならないことに注意しましょう。もし時効を中断させたいなら、直接文書を持って行って、相手に受領してもらい、受領書にサインしてもらうことです。質問者様が行きたくないなら、誰か他の第三者でもいいので直接持って行ってもらった方が良いでしょう。

不明な点がありましたら補足しますので返信してください。

法律 についての関連する質問