JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4807
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

先日祖母が亡くなりました。

解決済みの質問:

先日祖母が亡くなりました。 祖父は10年ほど前に亡くなり、祖母は認知症で施設に入っていました。祖父母に実子はおらず母と叔父が養子ですが、叔父は5年ほど前に亡くなっています。この度祖母が亡くなり遺産の話が出た時、叔母が祖父母のお金のほとんどを生命保険にかけ、受取人は叔母一人であること、祖母の貯金はほとんどが引き出されており、残額の半分は母と、後の半分は叔母の娘達で分けることになっていると言ったそうです。生命保険にかけることが祖父母たちの意思だったとは到底思えません。自分の生まれ育った町にいくらか寄付したいと祖母が言うのを私は幾度となく聞いていましたから。祖父が亡くなった時に、母は自分の財産分与分を祖母の助けになるならと放棄しています。この時叔父も放棄するハンコを押していたそうです。それがなぜか叔母の名前で生命保険に変わっていたようです。母は何もすることができないのでしょうか。 この件について助言を頂けないでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。まず、祖母様が、10年前の祖父様の相続の時に、認知症になっていたのでしょうか?もしそうなら、相続人に認知症の方がいる場合は、その方に成年後見人を付けないと、遺言が無い場合相続が出来ません。また、叔母様は、何ら祖母様の相続財産に関する管理は、成年後見人にでもなってないと出来ません。そう言う意味では、勝手に叔母様が財産を管理するのは、横領罪や窃盗罪の可能性もあります。ただし、状況によって親族相盗例が働く場合もあり刑事告訴が出来ないこともありますが、民事での不当利得返還請求は可能と言えます。また、祖母様は遺言は無いと思いますので、遺産分割協議をしないと相続手続きは出来ません。とりあえず、内容証明で不当利得返還請求をすると良いでしょう。内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると、相手に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。応じない場合は、家庭裁判所の遺産分割の調停を申し立てると主張されると良いでしょう。遺産分割協議には時効は無いので、祖父様の時にしていなければ、相続人全員の合意があれば、再度可能です。また、しつこく、相手側に文句を言うことです。相続トラブルの解決は、ほとんどが、被害に遭った方が諦める場合が多いので、諦めないことです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
SuperTonTonさま、ご助言ありがとうございました。いくつかお答えさせてください。祖母は祖父が亡くなった時は認知症ではありませんでした。祖父が亡くなった時、祖父母で築いた財産なので遺産相続は放棄するようにと祖母に言われ、祖母の助けになるならと母はハンコを押し、叔父も放棄するハンコを押していたそうです。遺言はあったとは聞いていません。これは遺産分割協議になるのでしょうか(1)。それから叔母が成年後見人だとは母は聞いてないようです。成年後見人は家族の承認なしに勝手になれるものなのでしょうか(2)。母は祖母に月一で会いに行っていましたが、相続の話などしたことはなかったようです。祖父の時の遺産分割協議がもうなされたと判断されたとしても、祖母の場合の遺産分割協議はまだできると考えていいのでしょうか(3)。母の人権を無視したような叔母のやり方、祖父母の意思を無視したようなやり方にどうしてもやり過ごすことができませんでした。この3件についてご回答いただければありがたいです。ご助言ありがとうございました。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。追加のお話から、分かる範囲でご回答致します。(1)多分、遺言が無いので、家庭裁判所に相続放棄をしたのではなく、遺産分割書の上で、相続を放棄したのでしょう。(2)成年後見人は、申立人に同意しない人がいても、他に誰か立てるなどの意義が無い限り、そのまま通ります。成年後見制度は、法務局に登記されるので、調べればわかります。(3)遺言が無ければ、遺産分割協議が必要になります。遺産分割の時には遺産分割協議書が作成されます。それがあっても、相続人全員の同意で再度も出来ます。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問