JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4620
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

親族間調整調停についての質問です

解決済みの質問:

親族間調整調停についての質問です
私の家は同族会社で親族が株主です。今から30年前、祖父の遺産分割のとき社長だった叔父が遺産はすべて会社のものとするというので同意しましたが、昨年、それが虚偽であったことがわかりました。
叔父も亡くなり、新しくいとこが社長になったとき、初めて、会社の機密情報として見つかった書類から
私の家族だけが相続から外されていたことがわかりました。調べたところ、会社に勤め、株主でもあった
父が急死したときに母にたいして圧力が親族からあって相続をしなかったと思います。
私は会社がこうした情報を隠していたこと特に叔父の責任を追及したいと思うのですが
それは可能かどうか教えていただますようお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話からご不明の点もございますが、分かる範囲でご回答致します。まず、30年前のことと言うことで、どうしても法的な対応に関しては、時効の問題が生じます。まず、お母様への圧力があったと言うことは、強迫があったと考えられますので、強迫による契約は取消が可能です。ただし、時効は5年で、除斥期間も20年と言うことで、30年前となると、難しいと言えます。同じように虚偽と言うことで、詐欺が有った場合も、取消権の時効は強迫と同じです。ただし、遺産分割協議に関しては、一度決まったものでも相続人全員の合意が有れば、いつでも変更が可能です。遺産分割協議には時効は無いのです。そう言う意味では、当時のことを反省して、遺産分割協議のやり直しを自ら相手が認める場合もあれば、ご相談者様が、家庭裁判所に遺産分割協議に不正があり、最初から無効だと申立てて争うことも可能です。遺産分割協議のやり直しを求める方向性で良いでしょう。まずは内容証明で請求されると良いです。内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると、相手に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。応じない場合は、家庭裁判所の調停を申し立てると主張します。頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問