JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

supertontonに今すぐ質問する

supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4402
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

娘(23歳)の傷害事件の示談交渉が難航しており、それについての相談です。 私はその母親です。 宜しくお願いいたします。

解決済みの質問:

娘(23歳)の傷害事件の示談交渉が難航しており、それについての相談です。
私はその母親です。
宜しくお願いいたします。
示談交渉が難航といっても、娘は被害者です。
ゴールデンウイーク中、
書店で本棚をながめていたところ、
見知らぬ女性が突然突進してきて、
相手の肩が娘の胸元をえぐるように
タックルする暴行を受ました。
娘はその拍子で、
背後の本棚に強く腰を打ち付けたあと尻もちを付き、
床に手を着いた拍子に、手首も痛めました。
娘から呼びだされ、私が現場に駆けつけると、
書店の控室に警官が来ており、
加害者は警察に連行された後でした。
その時の様子は、終始、
書店の防犯カメラに映っておりました。
私もその映像は見せてもらいましたが、
想像以上の激しい体当たりのしかたで、
(これは、ひどい)と感じました。
特段、目が合ったとか口論になったとか、
肩が触れたとかは一切無く、
数メートル先から突然加害者が突進して迫ってきており、
いわば通り魔的に暴行を受けております。
誰の目から見ても、娘は過失ゼロという感じです。
犯行の映像は書店の方がDVDにコピーして下さって、
警察が保管しております。
警察官によると、
加害者の言動が普通ではない
・・・統合失調症患者ではないか?とのこと。
加害者は興奮状態で普通の会話にならないようで、
警察官が母親に連絡したところ、
警察署にやってくるというので、
私と娘は警官と一緒に警察署へ向かい、
その母親を待っていました。
その後、4時間ぐらいかかって、
遠方から加害者の母親が警察署にやって来ました。
加害者は37~38歳の独身女性。
「てんかん」の病名で障害者手帳を交付されていましたが、
精神疾患などの記載は全くないそうです。
仙台市内で生活保護を受けながら、
障害者枠での就職活動中とのことです。
(一人暮らしです。)
母親は64歳で、加害者の父親とは離婚しており、
震災による津波の被災者とのこと。
年金をもらいながら、小さな食堂をひとりで経営しているそうです。
加害者の代わりに、その母親と警察署内で面談しました。
母親に聴取したところ、
鬱(うつ)気味であったため、精神科を受診したことはあったが、
何も病名が付くこともなく、
医師からは「心の病の相談センター」みたいなところを
紹介されただけ・・・とのこと。
統合失調症というのは、あくまで警察官の推測だったことが分かり、
実際は精神的な疾患での診断も治療も全く受けてないとのことです。
加害者本人に十分責任能力はあると思うのですが、
なぜか精神疾患者扱いのような流れとなりました。
母親が賠償金を支払うと申し出てきたので、
警察官立会の中で、口約束ですが、
「示談金で和解」という方向で、一旦話が決着しました。
その後、娘は病院へ行き、
「胸椎捻挫、腰椎捻挫、左肩打撲により
約2週間の加療を要する見込みである。」
との診断を受けました。
娘は美容師なので、
胸・肩・腰に痛みがある状態では、全く仕事になりません。
その後、加害者側からは一度も謝罪も連絡も無く、
娘のほうが連絡を入れて、現状を伝えている状況で、
相手には全く誠意が感じられません。
更にその後、娘が警察から、
「病院へ行った時点で傷害事件になるので、被害届を出して下さい。」と、
言われるままに被害届を提出したところ、
加害者女性は警察に呼ばれ、
事情聴取やら、写真撮影やら、
身長を計られたりしたそうで、
加害者の母親は、
「お金を払えば、告訴はしないと約束したのに!」と逆ギレ。
当方でも「告訴」はしていないので不思議に思い、
娘が警察に問い合わせた所、
「被害届と告訴は同じようなものです。」と回答されたとのことです。
警察の判断により、この件では、被害届=告訴と扱われるようです。
説明が長くなってしまいましが、
今回相談させていただいたのは、
当方としてもサッサと示談を済ませて、
この事件のことは忘れたいのに、
加害者側の歯切れが悪く、
示談がスムーズに進んでないことです。
まとめますと、以下の通りです。
●被害者である私の娘に発生した損害額は、
休業損害約9万円
治療費約2万円(診断書の文書料込み)
●もともと腰がヘルニア気味で、それが今回の事件により悪化したため、
腰痛に関しては治療を継続する見込み。
●突然受けた暴行により、娘は対人恐怖症になり、
心療内科にも通院中
大怪我でもないので、裁判等は面倒だし、
加害者側との対応にも大変ストレスを感じるので、
症状固定ではありませんが、
当方としてはサッサと示談を済ませたい。
そこで娘はネットから相場を調べ、
「相場では40万~80万なので、その間で示談金を決めて下さい。」と、
加害者の母親に提示したそうです。
(休業損害・治療費・今後の治療費の見込み額・身体的、精神的な慰謝料込み)
示談金を支払ってもらった時点で、被害者を取り下げる
・・・という約束をしました。
警察によると、急がないと検察に送ってしまうので、
取り下げるなら今月中だと言われました。
それを加害者の母親に伝え、
「示談するなら早めのほうがいい。」と話しているのですが。
ところが加害者の母親は、低頭な姿勢ではあるものの、
その割には何を言っても反論してきたり、
回答をあいまいにしたり、
返答を何度も何度も先延ばししたりで、
正直、支払う気がないとしか思えません
(口では“お支払いします”とは言うものの。)
警官から「恐喝にならないように、言動には気をつけて」
と言われているので、こちらも強い言い方もできず、
かなり譲歩してきたつもりですが、
何度も手のひらを返す相手の態度に、
借金取りになったようなイヤな気分で、
「もう法的処置を取ったほうがいいんじゃないか」
と思うようになりました。
ただ、訴訟するにしても、
裁判をするほどの高額な賠償金ではありません。
また、加害者の支払い能力に不安があり、
それで躊躇しています。
●加害者(37~38歳女性)は
「てんかん」の障害者手帳を持っていて、
障害者枠での就活中。
一人暮らし。
●生活保護を受けているので、そういう人間に
賠償金を支払ってもらえないのではないか?という不安。
●加害者の代わりにその母親が支払うと言っているが、
母親のほうも経済的に余裕がない様子で、
ふたこと目には
「お金がない。すぐに準備はできない。」
という。
●加害者の母親(64歳)は、
田舎で小さな食堂を一人で経営。
年金も受給している。
店舗や土地、車の所有権、名義等は不明。
●加害者の父親(母親とは離婚)も、事件当日、
母親と共に警察署に来たものの、
キレやすい人間とのことで、当方とは一切面談はせず。
その後も全く登場していません。
離婚した割には、現在も親子・元夫婦間で行き来があるらしい。
財産状況は不明。
以上のような状況です。
娘としては、
50万円ぐらいの示談金を支払ってくれるなら、
それで和解しようと考えているようですが、
加害者側には50万円と明確な金額は言わずに、
先に書いた通り、
「40万~80万の間で示談金を決めて下さい。」
と、判断を任せる形にしています。
娘がいま不安なのは、
●50万円程度の請求で、わざわざ裁判にするのは面倒。
●加害者が検察に送られたら、被害者の母親がキレて、
賠償金を支払わないのではないか?
●仮に訴訟しても、
相手には支払い能力が無いと判断されるのではないか?
●そもそも、母親は当事者ではないので、
いくら口約束したとは言え、支払い義務はないのではないか?
(私が口約束は信用できないと言って、
公正証書の作成を依頼したしたところ、
警察官が「証人になるから」と言って割って入り、
結局、口約束だけになってしまいました。)
今後、どう対応したら良いか、困っています。
娘もストレスで、かなり参っています。
お忙しいところ、大変恐縮ですが、アドバイスをいただければ助かります。
宜しくお願いいたします。
投稿: 9 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 9 ヶ月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。基本的に、傷害事件は、被害届が出た場合、捜査をするかどうかは警察側の判断となります。親告罪ではないので、刑事告訴をしなくとも殺人事件のように動くことも出来ます。割と社会的に影響が大きい事件だと動きます。書店側もある意味、被害者と言えますので動いているかもしれません。ただ、今回の件に関しては、その加害者の女性は、精神疾患を特定されていないにしても、統合失調症の可能性はあります。その正確な判断は医師でも難しいのです。とは言え100人に1人が発症するとも言われていますから、可能性が無い訳ではありません。加害者の場合、生活保護と障害年金が出ている可能性があるので、支給額的には、ご相談者様の娘様の給与以上にもらっている可能性はあります。また、娘様を生活保護の状態でも放っている相手の親御様ですから、余程、お金にせこいか、そもそも貧困状態かもしれません。とは言え、精神疾患であれば、その親権者や後見人が責任を持つことになりますが、精神疾患が無いとなれば、親と言えども補償は必要ないことにもなります。認めないだけで、精神疾患はお話からはありそうです。それと、示談にしても、やはり額を提示して、50万円希望なら80万円提示して落としどころで50万円とするような交渉が大事でした。40万円からと言っているので、相手の40万円の主張はあり得ます。また、分割払いも検討された方が良いでしょう。公正証書で、金銭消費貸借契約書を作成すれば、未払いの時に強制執行が可能です。そう言うご提案をされてみてはどうでしょうか。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
SUPERTONTON様丁寧なご回答、ありがとうございます。不明な点がいくつかありますので、
補足で質問させていただいてもよろしいでしょうか?1.金銭消費貸借契約書の費用について。金銭消費貸借契約書とはどんなものか、ネットで調べました。
雛形をダウンロードしてパソコンで作成できるようなので、
自分で作成しようと考えております。ただ、公正証書にした場合、手数料が必要のようですが、
それは相手に請求しても問題ないでしょうか?
(加害者側から分割払いを希望しておりますし)また、公正証書作成のために、
仕事を休んだり、遅刻や早退して役所へ出向いた場合の、
休業損害は請求できるのでしょうか?2.加害者が私の娘よりも収入が多い可能性もあるとのことですが、
仮にその場合、例え生活保護受給者と言えど、
賠償金を請求して支払ってもらえる可能性があるという解釈で
宜しいでしょうか?娘が被害届を出した際、逆ギレした加害者の母親が、
脅しのように、
「告訴するなら、私はもうお金は払いません。
娘は生活保護を受けている人間なので、
支払う義務はありません!」
と言っていたのですが、そんなことは無い。あくまで支払い能力の有無
・・・という考え方で間違いないでしょうか?3.いただいたご回答を娘に見せたところ、
示談金の相場について、とても気にしていました。
要は、自分が相手に提示した金額が
妥当なものかどうか、気にしている様子です。極端に少なければ「損」。
逆に、極端に多ければ「ぼったくりと思われるのがイヤ」
・・・と思って、相場をすごく知りたがっています。示談金の相場は一概に言えないとは重々承知しておりますが、
娘の提示した金額は、多いのか少ないのか、
至極、打倒なものなのか、教えていただけますでしょうか?先のメールに記載した通り、・休業損害約9万円
・治療費+診断書代約2万円
・悪化した腰痛の今後の治療費
・恐怖による心療内科への通院費用
・通院慰謝料(自賠責保険基準で算定)
・精神的な慰謝料これで40~80万円の間で支払える金額を
決めて下さいと提示しています。何度も申し訳ありませんが、ご教授いただけると嬉しいです。
専門家:  supertonton 返答済み 9 ヶ月 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。追加のご質問に分かる範囲でご回答致します。1、公正証書の作成費用(公証人手数料)は、誰が支払っても構わないので、相手に請求されて構いません。また、公正証書は、一般的には、当事者が公証役場に行って署名捺印して作成しますが、遺言以外は、代理人でも構わないことになっています。親族が代理人でも構いません。2、生活保護でも慰謝料や損害賠償金を支払うことは可能です。理論上は強制執行も可能です。3、お考えの通り、交通事故の自賠責保険等の額を求めることが一般的です。請求して相手が多いと思えば、そこでの交渉になるだけです。決まらない場合は、民事調停等で話し合うことになります。額はきちんと提示された方が本当は良いでしょう。

supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4402
経験: 中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
丁寧なご回答、ありがとございました!
非常に助かりました。
相談して良かったです。本当にありがとうございました。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    388
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    80
    社会保険労務士事務所経営
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    25
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee7208 さんのアバター

    srlee7208

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    早稲田大学卒業。 1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

法律 についての関連する質問