JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1375
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

現在、個人で事業戦略サポートのコンサルティング契約を結んでいます。 ただ、中には成果が伴わないお客様もいらっしゃいます。

質問者の質問

現在、個人で事業戦略サポートのコンサルティング契約を結んでいます。
ただ、中には成果が伴わないお客様もいらっしゃいます。
こういう方にコンサルティング契約内容が不満だと言われて返金を求められた場合、
返金義務はあるのでしょうか。
またコンサルティング契約はサービス内容が微妙なものも多いと思いますが、
コンサルティング契約関連で良くあるトラブルなどを教えて頂けますと幸いです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
質問者: 返答済み 1 年 前.
質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次の追加サービスを希望していますが、ご提供いただくことは可能でしょうか?サービス名:安心リモートサポート。 もう少し情報が必要な場合は、どういった情報が必要なのかお知らせください。また別の追加サービスをご提案いただければ、検討します。
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.

>コンサルティング契約内容が不満だと言われて返金を求められた場合、
返金義務はあるのでしょうか。

→ありません。なぜなら、コンサルティング契約は成果を求められるものではなく、相談業務の延長線上にあり、また着手金とも性格が違い、

返金(契約の一部解除)を請求できるものではないからです(医師の手段債務といっしょで公に認められる治療法・手術を行った結果、患者が死亡しても過失致死罪、損害賠償責任を問われない)。

>コンサルティング契約はサービス内容が微妙なものも多いと思いますが、
コンサルティング契約関連で良くあるトラブルなどを教えて頂けますと幸いです。

→たしかに巷のコンサル契約の中には内容が不明確かつ高額なものもあり、場合によっては詐欺扱いにしてくる場合もあるでしょう。

月1訪問するか否か、メール相談も受け付けるのか、業務内容としてたとえば他士業の業際にかかわる微妙な領域まで相談に乗るのか、

成果物として紙媒体で提供するのか、などで異なります。

ただ本件ではあるいはお客は内容の割りに高いと感じているのでしょう。往々にして知的レベルの低いお客ほどそういう不満をもちますし、

何もかもいっさい合切コンサルにおしつけてまるマル投げということもあります。

こういうお客はそもそも社長だとする資格を欠いているのですが、値段を負けろということなら、多少値引いてやる方法、あとあなたが行う

コンサル内容を明確にする(見える化)ことだと思います。

やせクスリ、予備校などでもそうですね。やせなかった、試験に落ちた、だから金返せ、という論法は直ちに通用しません。しかしこういう無理難題

を言ってくるものが経営者の中にもいるということですね。契約自由の原則ですから、簡単に契約をひっくりかえせないことを知るべきでしょう。

あなたとしては契約書に甲:受任者、乙委任者として、

第●条(業務範囲)「甲の業務範囲は以下の通りとする。・・・・(略)・・・・」

第●条(成果物の判断の基準時)「1.甲の業務遂行の結果において、必ずしも所期の効果が期待できない場合においても、、乙は少なくとも数か月単位でその成果の有無を判断することとする。

2.前項の場合において、少なくとも数ヶ月間継続して所期の成果が達成できなかったときは、乙は甲に対して報酬の返還又は減額を行うことができる。但し、甲が乙の指導に従わなかったとき、又は甲が乙の要求する資料を速やかに提出しなかったことに起因して、所期の成果が達成できなかったときは、この限りでない(このの立証責任は甲が負担する。)。

「第●条(契約の解除)1乙が自己都合で本契約を解除する場合、2ヶ月前に予告をしなければならない。この場合、乙は甲に対して損害賠償の責に任じない。

2.第1項の場合に違反した場合においては、甲から乙への損害賠償請求を妨げない。」という意味の文言を入れておく必要があります。

質問者: 返答済み 1 年 前.
詳しいご回答ありがとうございます。それでは私のやること、コンサル内容を明確化(月1ミーティング、チャット24時間以内返信等)を盛り込み、
それを踏まえてクライアントを指導して、数ヶ月単位でみても成果が出なかった場合、
初めて返金や減額の可能性が出るということで問題ないでしょうか。
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.

わたしも同じような仕事なので、お気持ちはよくわかります。

コンサルタント契約は通常6~12月は継続してもらわないと、1~2ヶ月で成果の出るものではないと思います。そういう意味で1年間の契約、あとは1年ごとに更新というのがよいかと思います。

あと見える化は特に重要と思いますので、明確にされたほうがよいでしょう。

法律 についての関連する質問