JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4636
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

ヤフーオークションで出品したら、落札者から悪い評価が入りました。感情的に嘘ばかりを評価欄に書かれてしまいました。取引ナビ

解決済みの質問:

ヤフーオークションで出品したら、落札者から悪い評価が入りました。感情的に嘘ばかりを評価欄に書かれてしまいました。取引ナビでも、時系列的、理論的に説明し、落札者の勘違いであることを伝えましたが、ご本人は都合の悪い部分は一切無視して感情的に私を非難する一方で、大変憤慨しています。裁判を起こして評価の撤回を求めることは可能でしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、ご不明の部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。ヤフオクの場合は、評価を取り消せないと言っているようですが、それは原則論であり、例外もあるようです。ヤフオクの管理者の方には、ご連絡をされていると言うことでしょうか?きちんとヤフオクに説明すれば、悪い評価が削除されることもあるようです。また、ご相談者様は、業者と言うことでしょうか?業務妨害罪か名誉棄損罪で刑事告訴すると言う手もありますが、民事不介入と言うことで、なかなか警察も動かない部分はありますが、民事での損害賠償請求をされると言うことであれば、民事調停等を裁判所に申立てて、相手に呼出状が行けば、譲歩してくる可能性はございます。また、内容証明にしても、個人が出すよりも、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生が出された方が、相手に本気度が伝わり、なめられずに済むと言うのもあります。再度、専門家にお願いしてみるのも手です。

質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答どうもありがとうございます。当方は個人の出品者です。相手の方(女性)は私の出品したものを2品落札されたので、取引ナビのメッセージの制限回数の15×2=30回分の大半を使うほどのメッセージを送ってきました。私の言い分としては、落札者の勘違いです。私は、ヤフオクのヘルプその他ヤフオクのサイトの文章を引用し、私はヤフーのシステムに沿って取引していると説明し、もしも規則に反しているのであればヘルプやガイドラインから根拠を示してほしいと相手に7回も繰り返し質問しましたが、相手の方は都合の悪いことは全て無視して執拗に非難してきました。ただ、内容証明が届いたと思われる時間を境目に連絡は止まりました。金銭的な損害は全く生じていないのですが。「評価の変更だけ」を求める裁判を起こすことは可能でしょうか? 仮に評価の変更が裁判で認められなかったとしても、心情的に、裁判だけでも起こしこちらが本気だということを相手に分からせたい気分です。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。追加のご質問に分かる範囲でご回答致します。相手が、執拗につっかかってくる意図が分かりませんが、精神的に問題ある方かもしれません。ネット上の取引やヤフオクなどでは、それはリアル取引以上に発生します。まっ、一般的な精神状態の人は、そこまで他人を攻撃はしません。そう言う意味では、穏便に関わらないことも必要かもしれません。裁判をしても相手が出廷しないで終わりなだけで、ヤフオクの評価を変えたり、取り消したりは、ヤフオクの管理者がすることです。まず、ヤフオクの管理者に、これまでの経緯を説明して、評価を取り消してもらうことです。評価自体は、自由意思なので、法的に変更をすると言うのは難しい問題と言えます。裁判を起こすとなれば、今後もその方と関わることになります。

質問者: 返答済み 1 年 前.
せっかくのご回答ですが、私の「~は可能でしょうか」の質問に対し、可能とも不可能とも取れないような、質問の核心から微妙にずれたご回答に感じてしまいます。私が求めているのは、ヤフーに評価の削除をしてもらうことではなく、「落札者に評価を変更してもらうこと」です。最初の質問は、それが「可能」なのか「不可能」なのかということです。2回目の質問では、仮にそれが不可能、または困難だったとしても、「裁判を起こすこと自体が『可能か』」という主旨のことを質問しました。「可能」か「不可能」で言うと、どちらになるでしょうか。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

民事裁判は、どのようなものでも可能です。可能か不可能では、可能と言えます。ただ、こちらとしては、アドバイスの意味合いもあり、裁判をすることが、ご相談者様のプラスになるかどうかも判断させていただき、いろいろ書いてしまいました。混乱させて誠に申し訳ございません。民事訴訟となれば、弁護士の先生にご依頼する形になると思いますが、弁護士報酬としては、着手金が10万円~30万円、1回の公判ごとに5万円~10万円、成功報酬が5%~30%と考えると相当高額になると思います。裁判に勝てば、裁判費用の数千円は負けた方が支払いますが、そこに弁護士報酬は含まれません。また、裁判は大袈裟なので、普通は、民事調停で、双方の話し合いと言うことも多いと言えます。民事調停なら、費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼しなくても構いません。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
私の頭には訴える=裁判という先入観しかありませんでした。民事調停という言葉は聞いたことがある程度で、意味を知りませんでした。相手の居住地が遠いので、実際にそれをするかどうかは分かりませんが、今後の参考とさせていただきます。どうもありがとうございました。

法律 についての関連する質問