JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4636
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

先日から何度もの質問に親切に回答いただきありがとうございます。胎児認知後の入籍(姓は子父)→もしかしたら離婚(姓は婚姻児

解決済みの質問:

先日から何度もの質問に親切に回答いただきありがとうございます。胎児認知後の入籍(姓は子父)→もしかしたら離婚(姓は婚姻児のまま、子どもは母である私と戸籍をおなじにする)→その後さらに復縁の可能性も・・という流れなのですが最初に入籍してからもし子父の生活態度等に改善見られず離婚するとなった場合、婚姻届提出して離婚届提出になる時間的な短さは気にしなくてもいいのでしょうか。例えば入籍して子どもの姓もせっかく父とおなじにしたのに、数ヶ月で離婚とかになっても・・と言う意味です
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。行政書士のSUPERTONTONでございます。それはいろいろお悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、相思相愛で結婚しても、何十年と交際期間があり結婚しても、離婚する時はするものです。事前に離婚を考えて結婚する方の方が少ないと思います。まずは、相手を信じてみることも大切かもしれません。婚姻届を出したその日に離婚届を出すことも可能です。ただし、離婚の事実は残ります。婚姻そのものを取り消せないと言うことです。また、離婚後も復縁の場合は、女性の待婚期間は考えなくて構いません。すぐに復縁も出来ます。数か月なら問題はありません。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問