JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

ekotaeに今すぐ質問する

ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 988
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

当方65歳、正社員から嘱託契約社員への切り替え、新たな労働契約をせまられています。 先日、条件について合意もないま

質問者の質問

当方65歳、正社員から嘱託契約社員への切り替え、新たな労働契約をせまられています。
先日、条件について合意もないまま、一方的に給与を半減されました。
お金はかかっても、法律の専門家の立ち会いで、正式な労働契約書を作成したいと考えています。
取り扱ってくれる法律事務所を紹介してください
投稿: 10 ヶ月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ekotae 返答済み 10 ヶ月 前.

法律担当の特定社会保険労務士です

一方的に給与を半減はおかしなことです。

労働契約を結ぶ場に専門家が立ち合うことをしているところは少ないと思います。なぜなら、直接交渉となると弁護士以外の専門家は法的に微妙なところがあるからです。また弁護士も裁判や内容証明の郵送、相談をメインにしているところが多いです。

それとジャストアンサーでは専門家の紹介をしておらず、相談について回答をすることしか許されていません。専門家の探し方についてはアドバイスは可能です。どうされますか?

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
契約書面についてアドバイスを頂ける方を紹介して頂きたいと思います。例として以下の文面を契約書に入れたいと思っていますが。意味がありますでしょうか1) 互いの立場を考慮し、話合いをもって物事をすすめるという現代社会における最も基本的なルールを尊重する。
2) 合意なくして給与、労働条件を一方的に改変することは違法であり今後二度とこのような行為は行わない
3) 給与は労働者にとっての命綱であり、これを盾に脅しを掛けることは非人間的で卑怯なことだという認識を共有する。
4) 1年毎の更新に当たっては、一方的な解雇は行わず、会社の経営状況、従業員双方の状況を考慮して誠実に話合う。
専門家:  ekotae 返答済み 10 ヶ月 前.

アドバイスさせて頂きます。

契約書の文面についてですが、会社側に労働契約の意識を少しでも高めてもらうという点においては意味があるかもしれませんが、労働契約書には通常は含めない内容です。

(2)の「合意なくして給与、労働条件を一方的に改変することは違法であり」は労働契約書に含めないと効力が発生しないというものではありません。労働契約書に書かれていても書かれていなくても労働契約法により労働条件を一方的に変更することはできないものです。

(4)は逆に含めないほうがいいくらいです。、会社の経営状況、従業員双方の状況だけの限定した考慮にする必要がありません。解雇については労働契約法に「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする」と定められています。この条文は労働契約書に書かれていなくても適用されるものです。

一方的な給与の半減に同意しないと会社に伝え、労働基準法の労働条件の明示の定めに従って、労働契約書を作成してもらうと良いでしょう。

労働条件については、労働基準法で、「使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない」となっています。 そして、その明示する方法も「一定の事項については書面の交付によらなければならない」となっています。 つまり、労働者から要求せずとも本来、一定の労働条件については書面を交付しなければならないものです。
■書面の交付が義務
1.労働契約の期間に関する事項
2.就業の場所および従事すべき業務に関する事項
3.始業および就業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無
4.休憩時間、休日、休暇ならびに労働者を2組以上に分けて就業させる場合における就業時転換に関する事項
5.賃金の決定、計算および支払いの方法、賃金の締切り及び支払いの時期
6.退職に関する事項(解雇となる事由を含む)

労働契約書にはその場ですぐに署名しないようにして、労働契約書の内容に少しでも疑問点があればまたジャストアンサーをご利用頂くか、最寄りの専門家に労働契約書を見てもらうのでも良いでしょう。参考になりましたら評価を宜しくお願い致します。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
契約に同意していない、一方的な給与減額はおかしいと伝えたところ、「3月28日に提示した条件について返事がなかったので同意したものと考え、4月25日に提示した条件に従って計算し振り込みを行った。今回は、事前通告をしなかったのでこれまで通りの給与とし、差額分は支払うが5月25日振り込みから、提示条件に従って振り込む」とメールがありました。これに対して私の方から、仕事が重なっており(事実、睡眠時間を削っており、契約内容について反論、確認のメールを書く時間がありません)返事を待ってほしい旨、メールをだしたました。しかし、5月25日の振り込みは、新しい契約条件(同意も、またサインもしていません)で支払われるのではないかと危惧しています。
会社側から提示された契約条件に目を通していただき、アドバイスして頂くことは可能でしょうか。
私は、日本の小さな出版社のフランス駐在をしており、会社から日本の口座に給料を振り込んでもらい、そこから自分で毎月海外送金しています。税金はフランスで申告しています。
よろしくお願いします。
専門家:  ekotae 返答済み 10 ヶ月 前.

>私は、日本の小さな出版社のフランス駐在をしており、会社から日本の口座に給料を振り込んでもらい、そこから自分で毎月海外送金しています。税金はフランスで申告しています。

→ 日本の出版社で入社されたのでしょうか。そしていつからフランス駐在なのでしょうか?日本からフランスへ駐在の際に出向の契約書などはありましたか?

>会社側から提示された契約条件に目を通していただき、アドバイスして頂くことは可能でしょうか。

→ その前に上記のことを確認させてください。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
1985年に渡仏し、2年間ほどは原稿量べースの支払いでしたが、1987年から正社員です。
契約したのは先代の社長ですが、2015年にフランスの書類作成の為に、社員証明を現社長からだしてもらいました。コピーを添付します。
専門家:  ekotae 返答済み 10 ヶ月 前.

日本にある会社に正社員として雇用されているので、雇用関係については日本の法律が適用されると思われます。

>差額分は支払うが5月25日振り込みから、提示条件に従って振り込む」とメールがありました。

→ このメールの意味がもし、差額分は支払うが、次からは3月28日に提示した半額の条件で支払うという意味でしたらそれはおかしいでしょう。

>会社側から提示された契約条件に目を通していただき、アドバイスして頂くことは可能でしょうか。

→ どれくらいの量なのでしょうか。簡単なアドバイスでよければ今回のご投稿の範囲で回答させて頂きます。もし量が多かったり、より詳細なアドバイスとなると回答をいたしかねます。あるいは、契約条件のチェックとなると直接、専門家の事務所に訪問してしっかりと書面を見てもらい、話をよく聞いてもらったほうが良いかもしれません。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
先の添付資料のよう、現在は正社員ですが、今後は嘱託で、基本給月15万円プラス出来高払い(具体的には原稿料、日本文字1字5円、営業広告成約の25%)にすると言っています。4月分の給料は、先にお知らせしたように、差額を支払ってくれましたが、5月25日の支払いから新しい契約(私は同意していません)で計算してくると思います。
新しい契約条件で計算すると、東京で大体同じ仕事をこなしている人の半分の給料となり、同一労働、同一賃金の原則から大きくはずれます。また、労働の内容もこれまでと変わらず、納得がいきません。
1)会社には定年制の規定はありません。会社側は65歳になったんだから、仕事の内容が同じでも別の賃金体系に移るのが当然だと言っていますが、法的に規定があるのでしょうか。
2)正社員と嘱託社員の違いは何でしょうか。嘱託社員として1年毎の再契約を要求されていますが、嘱託社員の場合は必ず契約期限を定めなくてはならないのでしょうか。
3)1990年代初頭に就業規則がまとめられた様に記憶していますが、会社の役員、状況も代わり、その後、ほとんど引き合いにだされたことはありません。どの程度の拘束力をもつのでしょうか。
4)先日お送りした在勤証明書がほとんど全てで、サインを交わした具体的な労働契約書ありません。給料、その他の労働条件はこれまでの慣行が、双方の合意事項だと解釈していますが、いかがでしょうか。よろしくおねがいします。」
専門家:  ekotae 返答済み 10 ヶ月 前.

定年制もないということですし65歳になったから別の賃金体系に移るというのは当然ではありません。移らなければいけないという法律もありません。

嘱託社員については法的に定義はされていません。一般的には定年後に再度雇用契約を結ぶことを指すことが多いです。契約期限を定めなければいけない決まりもありません。就業規則が効力をもつには従業員に周知されていることが必要です。これまでずっと続いていた労働条件が双方の労働条件になっていると考えられます。嘱託に同意する必要はないですし、給料の引き下げにも応じる必要はないでしょう。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
嘱託と正社員では待遇、権利の点でどのような違いがあるのでしょうか。
一番不安に感じているのは、嘱託になれば契約の見直しでいつでも雇い止めになるのではないかという点です。しかし、新しい労働契約の提示を全面的に受け入れないと突っぱねれば、今後、ますます嫌がらせが高じてくる可能性があり、それに耐えうるか自問しています。給与の面では多少妥協して譲っても、正社員として残る道を模索したいと思っていますが、その際の問題点、注意点をアドバイスしていただけませんでしょうか。
専門家:  ekotae 返答済み 10 ヶ月 前.

嘱託社員については先の回答でも申し上げましたが法的に定義されていないので、違いについてもこのような違いがあるといえるものでもありません。一般的なことで言えば、定年後の再雇用で労働条件が低いものを提示されることが多いです。嘱託社員を断れば嫌がらせがあることを不安視されているのですね。ただ、嫌がらせについては証拠を残していき相手方にやめるように警告することが可能です。嘱託社員を断る際の注意点などですが、曖昧な返事をせず、はっきりと断ることにつきます。毅然とした態度を示すのが良いでしょう。曖昧な点を残したりすると後々、トラブルになる可能性が高くなります。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
先のメールでお知らせしましたが、まだ同意していない新たな給与条件に基づき減額された給与が、4月25日に振り込まれました。その後のやりとりで、事前に通知をしなかったのはフェアーでなかったという理由で、従来の給与との差額分が5月11日に振り込まれました。しかし、5月25日以降は新たな給与条件に基づき計算し、振り込むとメールがありました。
今月の振り込みの5月25日が来る前に以下のようなメールをXXXX取締役編集長宛て出そうと思っていますが、どうでしょうか。XXXX様1) YYYY社長から提案された労働条件、給与の変更について、私は同意しておりません。
2) 同意のない労働条件、給与の変更を、今回のように一方的に押しつけることは法律違反です。
この間の事情について専門家に相談し、今後の対応を考えています。すぐに訴える事は考えていませんが、同意を得ずして今回のような行為が繰り返された場合は必要な対応をとらなくてはなりません。
その上で、XXXX様に確認したい点があります。YYYY社長から、「4月25日に私宛口座に振り込んだ000,000円は新たな労働、給与条件に基づいて計算したものだ」とメールがありました。この振り込みについてXXXXX様は事前に同意していたのでしょうか、それとも後で知ったのでしょうか。
あまり愉快な内容ではありませんが、今後話し合いを進める上で遵法精神があるかないかは重要な点ですので、確認のメールをお願いします。
専門家:  ekotae 返答済み 10 ヶ月 前.

ご記載のメールに特別、大きな問題はないように思います。

この辺りで評価のほうをお願いできないでしょうか。継続的に発生するすべてのご質問を問題が解決するまで1回のご投稿でご利用頂けるものではないのでよろしくお願い致します。新たなご質問が発生した場合は新たにご投稿を頂ければ専門家が回答致します。

ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 988
経験: 開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
ekotaeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
上記内容に関する、続きの質問をしたいのですが、どのような料金体系になるのでしょうか。
専門家:  ekotae 返答済み 9 ヶ月 前.

法律カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

専門家からはシステム上、相談者の画面がどのように表示されているか分からないですので料金体系のことについてはジャストアンサーの運営にお問合せをお願い致します。恐らく最初のご投稿のように回答の時間等で料金が変わるようになっていると思います。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    388
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    80
    社会保険労務士事務所経営
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    25
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee7208 さんのアバター

    srlee7208

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    早稲田大学卒業。 1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

法律 についての関連する質問