JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4767
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

2年半の交際の後、先月末日に入籍をしました。入籍をして間もなく旦那に交際中に浮気をしていた事、又相手から妊娠したと連

質問者の質問

2年半の交際の後、先月末日に入籍をしました。入籍をして間もなく旦那に交際中に浮気をしていた事、又相手から妊娠したと連絡が来たと報告を受けました。相手は妊娠2ヶ月で出産を希望しています。旦那は私の意見を最優先にしてくれると言っています。出産費用、養育費等の費用面を負担してでも私は旦那の両親、私の両親を傷つけないようこのまま離婚はせず暮らしていきたいと考えています。それが私の何よりも守りたいものなので。。そのため両両親にも今件について報告しておりません。沢山ネットでも調べて別れた方がいいとの意見を見ましたが、その選択肢はありません。もちろん出産を希望されているのでその希望は受け入れる次第ですが、出産費、養育費をいくら払えるかと質問が来たので計算するべく、旦那の年収は320万程なのだと伝えた結果、相手の年収は自分が不利になることは言えませんと教えていただけませんでした。ギリギリの生活になっても構わないと覚悟はできています。しかし金輪際関係は絶ってもらうよう旦那には言いました。相手の気持ち、相手の子供の気持ちを自分に置き換えて考えるととても酷いことを言っていると実感しています。ですが、もし自分が相手の立場であったらまず責任のとれない行為をしません。それだけはどうしても旦那と相手に理解し責任を取ってもらいたいと考えています。浮気される自分も悪いのだと実感もしていますし、浮気と言っても相互の関係に恋愛感情は無かったと言っているのでこの意見を申しました。ただ旦那と相手の今後の話をするも、相手は好意を持っているように思います。その為、養育費等などの話は金額も了承はしてくれているはずですが、自分の両親は怒り狂っていると色々な問題を提示してきて、もうどのように行っていけばよいのかわからなくなってきました。私は24歳で知識もほとんどありません。旦那は28歳、相手は32歳です。私は守りたいものが守れるのであれば相手にも極力負担の内容な解決策を教えていただきたいです。被害者ですがきちんと旦那を見切れていなかった自分も悪いと思っています。自分勝手な文章、意見で申し訳ございませんがアドバイスをよろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、いろいろな意見をお聞きになっていると思いますが、客観的に見れば、ご相談者様もまだお若いですからいくらでもやり直しが可能と思います。本来は、皆様がおっしゃるように別れることがベストかもしれませんが、ご相談者様のいろいろな苦労も厭わないと言う覚悟であれば、他の選択もあるでしょう。とりあえず、今後のトラブルの可能性とどれだけ防止策があるのかを説明致します。本当は、その女性とも関わりも持たないために、出産は避けてもらった方が良いのですが、まず、シングルマザーの場合、出産しても認知をしない限り、ご相談者様のご主人様のお子様とは言えません。認知には、任意認知と強制認知がありますが、今は、DNA鑑定でほぼ間違いはないので、強制認知(裁判認知)をされると拒否は出来ません。認知をすると養育費の支払いとこれが一番問題ですが、ご主人様の相続権が生じます。将来的に相続トラブルになりかねないものです。相手が認知をしなければ、養育費を支払うと言う契約もあり得るかもしれませんが、強制認知があるので、いつ覆されるかの不安はあります。一応、ご主人様と離婚しなくとも、ご主人様と相手の愛人の女性に慰謝料請求は可能です。時効は3年間です。それと、ご主人様とは、「夫婦関係調整の公正証書」の作成をされると次何かあった時に有利な離婚が出来ます。これは不貞行為が有った時の修復の時によく作成するものです。次に養育費の額は、算定表で決まっているので、相手が不利とかではなく教えないと払えません。もめるようなら裁判所の調停を申し立てるのも手です。

法律 についての関連する質問