JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

昨日、ある企業とホームページのリース契約を結んでしまいました。本日その担当とあるのですが、できれば解約したいと思って

解決済みの質問:

昨日、ある企業とホームページのリース契約を結んでしまいました。本日その担当とあるのですが、できれば解約したいと思っております。契約書のよると、まだホームページが作成されていない時点では、解約料で20%を払えばよいようですが、できれば、払う金額を少なくしたいと考えています。ちなみに、契約書の押した印鑑は、会社のものではなく、個人のものでした。(契約は会社名義です)この場合、なるべく損出が少なく契約を解除する方法などございませんでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、HPのリース契約の解約トラブルは非常に多く、解決も難しいものです。まず、個人の印鑑を使用したとしても、会社に関するHPだと思いますので、事業者間の取引となり、一般の消費者の消費者契約法では守られません。そのためクーリングオフなどの規定は適応されません。あくまでも事業者同士としての合意解除となります。ただ、まだ、HPが作成をされている訳ではないので、キャンセル料を支払えば解約できると言うのは、ましな方とも言えます。法的にリース契約は中途解約が出来ない契約で、解約するにしても残額をすべて支払うと言う、ユーザーには不利な契約とも言えます。多分、60回払いで月3万円~5万円みたいな内容だと思いますが、20%でも大きな額になると思われます。ただし、ご相談者様が、個人事業主レベルとしても経営者として、不要なものや無駄なものは、きちんと断るべきです。また、キャンセル料と言うのは、実損におけるもので、あまりにも暴利であれば、何も損害が無いのに高額のキャンセル料の契約は、公序良俗違反で無効とも言えます。そこは、減額交渉されても良いでしょう。1か月のリース料まで減額要求をしてみてそれに近づけば落としどころと言えるかもしれません。交渉は、相手も複数で来ると思われるので、ご相談者様もご友人等で構いませんので、複数で対応して、録音をして記録をしておいて下さい。交渉によっては、相手の矛盾等が出てくるはずです。ご相談者様の会社を思ってとか言えば、会社にためには必要ないと返しても良いでしょう。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問