JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

srleeに今すぐ質問する

srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 205
経験:  早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
70981215
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

社員が横領しまして、明日、会社に来るのですが、どういった対応が良いか、どういった、念書をもらえば良いか、探しています。 私は、代表で、支店の店長から連絡があり、数週間前にも合

解決済みの質問:

社員が横領しまして、明日、会社に来るのですが、どういった対応が良いか、どういった、念書をもらえば良いか、探しています。
私は、代表で、支店の店長から連絡があり、数週間前にも合計11万円の被害があったのですが、ほぼ黒の社員がいました。しかし、その時は、否認したのです。
しかし、今回は、レジの操作で異常が見られたので問いただしたところ、自白したところです。おそらく、数十万円になると思っています。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。社会保険労務士の srlee と申します。 社員の横領が発覚したということで、対応に困っていらっしゃるのですね。ご心痛お察し申し上げます。 まずは、社内的な処分をどうするか検討する必要があります。業務上横領で、本人が認めているということであれば、処分は免れないところですが、本人から弁明を聞いてください。もちろん、その際、本人からも金額を確認し、帳簿類を調べて、額の裏付けをとる必要があります。就業規則を確認し、業務上横領の場合、どのような処分にすると書いてあるのか見たうえで、懲戒の際の社内ルールがあれば、その方法に則って処分を決めてください。とくに社内ルールが定まってなければ、代表おひとりで決めるのではなく、他の役員や管理職の意見も聞いて決めるのがよいかと存じます。そのときに、処分について、社内でどこまで公表するのかも決めておきましょう。 懲戒処分をするときの注意点は、次のようになります。懲戒の理由は、就業規則に記載されているか いままでの同種の懲戒処分と同じ程度の処分になっているか。 行った違反行為と、それに対する処分の軽重のバランスかとれているか 懲罰委員会などを開催し、本人にも十分な弁明の機会を与えるなど、適性な手続きをとっているか 上記を参考にして、処分を決定してください。 また業務上横領は刑事罰も考えられます。刑事告訴するかどうかも検討する必要があります。 また、損害賠償の方法(一括で返済できなければ分割も認めるかどうか)などもご検討ください。 回答は以上となります。不明な点がありましたらご返信ください。補足してご説明します。また、この回答に参考になる点がありましたら、評価をお願いいたします。ありがとうございました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
夜遅いにもかかわらず、丁寧なご回答ありがとうございます。1.明日、就業規則を確認しますが、横領したらという明記ではなく、重篤な過失が認められた場合といったニュアンスだったと思います。
2.社内の処分について、本人の反省があったかどうかで、警察に告訴しました。懲戒解雇については、労基に相談した記憶がないので、解雇予告つきで、退職させているはずです。3.明日の本人の態度や返済についての意見次第だと思います。4.通常、私と支店長と本人、保証人で一度、話し合いをもちますが、弁明の機会になっているかは、判断のしようがありません。その場では、返済をどうするかについて話をします。現金の横領については、厳罰にしないと社内的な示しがつきませんので、できるだけ懲戒解雇にしていきたいと思っています。
また、本人は若いので、まだまだ取り返しがつくと思っていますし、ここで、十二分に反省することが大事であると思いますので、
あえて、ご両親に報告し、刑事告訴も辞さない構えで行こうと思っています。彼は、1年半前くらいに、100万円を支払って、人材紹介から入社しました。
慰謝料の請求を強制できないことはここでわかったのですが、その100万円+損害額+利息を請求しようと思っています。
請求すること自体は、違法なのでしょうか?
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 まず、4点のポイントについて、書いていただいた内容をもとに、ご説明いたします。 >1.明日、就業規則を確認しますが、横領したらという明記ではなく、重篤な過失が認められた場合といったニュアンスだったと思います。 一般的な就業規則であれば、はっきりと「業務上横領」という言葉はなくても、あてはまる条文はあり、懲戒解雇可能となっていると思います。この点については、ご確認の上「就業規則◯条✕項により※※の処分とする」という形で文書になさるとよいでしょう。 >2.社内の処分について、本人の反省があったかどうかで、警察に告訴しました。懲戒解雇については、労基に相談した記憶がないので、解雇予告つきで、退職させているはずです。 以前もそのような懲戒内容であれば、問題ないかと思います。ただ、少し誤解があるような気がするのですが、「懲戒解雇=解雇予告手当の除外」ということではありません。御存知の通り、労基署の許可を取らなければ解雇予告手当を支払う必要がありますが、懲戒解雇は就業規則の規定があればできます。労基署の許可無しですと、l解雇予告手当を支払って、懲戒解雇する、ということになります。 >3.明日の本人の態度や返済についての意見次第だと思います。 一般的な社会通念からいって、業務上横領は、懲戒解雇に値するような重大な服務違反です。この点はご心配ありません。ただし、おっしゃるように本人の態度で、処分を若干軽くするということはあるかと思います。 >4.通常、私と支店長と本人、保証人で一度、話し合いをもちますが、弁明の機会になっているかは、判断のしようがありません。その場では、返済をどうするかについて話をします。 今回もそのような場を持ち、本人の言い分も聞いてあげれば、弁明の機会を与えたということになります。話し合いの内容については、メモや議事録を残るか、録音しておいてください。 損害賠償額の請求ですが、損害額+利息は当然として、問題になるのは、人材紹介会社に支払った金額、つまり募集に要した100万円だと思います。請求すること自体は違法ということはなく、請求して構いませんが、相手が応じる義務はありません。もし裁判になった場合には、この部分が認められる可能性は低いかと存じます。 回答は以上になります。この回答に参考になる点があれば、評価をお願いいたします。ありがとうございました。
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 205
経験: 早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
srleeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
早速のご回答ありがとうございます。
今回のご回答で対処や準備が明確になり、助かりました。
特に、参考になった、安心した点は、以下の通りです。>ご確認の上「就業規則◯条✕項により※※の処分とする」という形で文書になさるとよいでしょう。
文章を作る上で参考になりました。>ただ、少し誤解があるような気がするのですが、「懲戒解雇=解雇予告手当の除外」ということではありません。
>御存知の通り、労基署の許可を取らなければ解雇予告手当を支払う必要がありますが、懲戒解雇は就業規則の規定があればできます。
>労基署の許可無しですと、l解雇予告手当を支払って、懲戒解雇する、ということになります。お恥ずかしながら、上記の点を知りませんでした。いずれにしても懲戒解雇できることは、本人にとっても、会社にとっても良いことと考えています。>請求すること自体は違法ということはなく、請求して構いませんが、相手が応じる義務はありません。
>もし裁判になった場合には、この部分が認められる可能性は低いかと存じます。請求すること自体に違法性がないということが確認出来ただけでも安心です。
ありがとうございました。とても助かりました。
また、ご相談させていただこうと思います。
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
最高評価とボーナスまでいただき、まことにありがとうございます。今後もお困りのことがありましたらご利用ください。できる限りお力になりたいと存じます。ありがとうございました。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3395
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3395
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    444
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    43
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    1629
    東京司法書士会所属
 
 
 

法律 についての関連する質問